この画面を閉じる
Q1 Alkaline Phosphataseによる脱リン酸化処理の効率を高める方法は?
A1
  1. 反応温度を上げて反応する。(BAPの場合は約65℃、CIAPの場合は約50℃)
  2. 反応液中のTris濃度を1 Mまで上げる。
以上のどちらか、あるいは両方の操作で効率を上げることができます。

Q2 BAPとCIAPの使い分けは?
A2 BAP、CIAPは熱安定性や失活条件が異なります。BAPは非常に安定性の高い酵素なので、反応終了後少なくとも2回フェノール処理を行なってください。CIAPは、キレート剤存在下65℃、30分の熱処理で99%以上の活性が不可逆的に失活しますが、使用条件によっては不充分な場合もあるので、完全に失活させるためにはフェノール処理を行なってください。
一般に平滑末端や5'陥没末端は脱リン酸化の効率が悪くなります。その場合は、BAPを用いた高温(55~60℃)での反応をおすすめします。

この画面を閉じる