この画面を閉じる

Q&A

SP6 RNA Polymerase

SP6 RNA Polymerase

Q1 RNAがうまく合成されないが?
A1 DNA、NTPの濃度、DTTをチェックしてください。DTTは活性の発現に重要です。

Q2 capped transcriptを効率よく作らせるにはどうすればよいか?
A2 capped analog/GTPの濃度比を10~20倍にしてください。たとえGTP濃度が50μMになっても完全鎖長のRNAの生成率は10分の1になることはありません。

Q3 capped analogのメチル化は反応効率に影響するか?
A3 ほとんどありません。

Q4 SP6 RNA Polymeraseを用いてRNAを合成する際、ビオチン化基質を取り込ませたいが可能か?
A4 RNA Polymeraseは基質特異性が高く、Biotin-UTPの取り込みはUTPの1/5以下です。
この画面を閉じる