この画面を閉じる

Q&A

Mung Bean Nuclease

Mung Bean Nuclease

Q1 Mung Bean Nuclease(MB)を働かせたDNAがスメアしている。削り込んでいるのではないか?
A1 MBでは削り込みはほとんど起こりません。10~50 U/μg DNA、25℃、15 minで反応させてください。30 U、37℃、10 min以上では非特異的分解が起こる可能性があります。
また、DNAをMBで処理する前にExo IIIを使った場合、DNAにニックがあるとExo IIIがそこから働きます。ニックのないintactなDNAかどうか確認してください。

Q2 MBとS1の使い分けは?
A2 MBはGCを残しやすく、S1は削り込み(nibbling)を起こしやすいといわれています。どちらもT4 DNA Polymeraseで末端を修復した方が平滑になる確率は高くなります。

Q3 MBをDeletion KitのMB Buffer中で使うとDNAがスメアした。
A3 キットのMB Bufferは、Exo III Buffer(pH8.0)と混ぜて使うよう設計してあるため、pHが5より低くなっています。そのため単独で使うと一本鎖DNAに対する特異性が低下し、dsDNAも分解されやすくなるのです。MBはpH5.0以上で使って下さい。

Q4 振とうおよび吸着により失活するか?
A4 しません。S1についても同じです。
この画面を閉じる