この画面を閉じる

Q&A

Alkaline Phosphatase (E. coli C75) (BAP)

Alkaline Phosphatase (BAP)

Q1 BAPはリン酸化したアミノ酸も脱リン酸化するのか?
A1 します。BAPの活性は特異性が低く、ほとんど全てのリン酸モノエステル結合を同程度に加水分解します。ヒスチジノールフォスフェイトに対する反応速度は、活性測定の基質である p -nitrophenyl phosphateを1として約0.9です。

Q2 制限酵素反応後に、直接BAPを添加して脱リン酸化することは可能か?
A2 制限酵素反応バッファー中でのBAP活性をBAP添付バッファーでの活性と比較した場合、HおよびKバッファーでは100%以上、L、M、T+BSAでも60%以上の相対活性を示しました。 したがって、5'突出末端の脱リン酸化反応など比較的簡単な脱リン酸化の場合には、制限酵素反応終了後に直接BAPを添加することでも脱リン酸化が可能と考えられます。
しかしながら、平滑末端や5'陥没末端の脱リン酸化、あるいは高い脱リン酸化効率が必要な系の場合には、制限酵素反応終了後にエタノール沈殿を行い、バッファー交換をしてから脱リン酸化を行うことをお勧めします。
この画面を閉じる