この画面を閉じる

Protocols

TaKaRa 炭疽菌 PCR Detection Kit

サンプルの調製

【培養液から】

1)培養液10μlを滅菌蒸留水100 μlに加え、95℃で15分間加熱する。
2)遠心分離し、その上清1 μlを直接PCRに使用する。

【プレート上の菌体から】
1)滅菌爪楊枝でごく僅かを取り、滅菌蒸留水100μlに懸濁する(ごく僅かに濁る程度で充分である)。
2)95℃で15分間加熱する。
3)遠心分離し、その上清1 μlを直接PCRに使用する。

【粉状サンプルから】
1)適当量(ごく僅かに濁る程度で充分)を滅菌蒸留水1 mlに懸濁する。
2)遠心分離後、もう一度滅菌蒸留水1 mlに懸濁し、洗浄する。
3)最終的に滅菌蒸留水100 μlに懸濁する。
4)95℃で15分間加熱する。
5)遠心分離し、その上清1 μlを直接PCRに使用する。

注意:サンプルには危険病原体が含まれる可能性がありますので、操作には十分な注意が必要です。使用した器具類、培地および洗浄液等は定められた方法で処理してください。
陽性と判定された検体は、さらに微生物学的な手法を用いて確認してください。

この画面を閉じる