この画面を閉じる

Protocols

Adenovirus Dual Expression Kit (CAG/EF1α)

キット以外に必要な器具・試薬

I. 器具・装置
・安全キャビネット・細胞観察用顕微鏡
・微量高速遠心機・電気泳動装置
・恒温槽(25~50℃) ・CO2 インキュベーター
・密閉型細胞破砕装置(小規模の場合は不要)
・-80℃フリーザー ・滅菌済ピペット
・ボルテックスミキサー・オートクレーブ滅菌器
・フィルター付滅菌済チップ・50 ml滅菌済遠心チューブ
・滅菌済遠心マイクロチューブ
・滅菌済シーリングキャップ付マイクロチューブ(ウイルス液保存用)
・コラーゲンコート(タイプI) 96ウエルプレート・コラーゲンコート(タイプI) 24ウエルプレート
・コラーゲンコート(タイプI) 25 cm2フラスコ・コラーゲンコート(タイプI) 75 cm2フラスコ
・10 cm細胞培養用シャーレ・6 cm細胞培養用シャーレ
・8チャンネルマルチピペッター・滅菌済マルチピペッター用リザーバー
II. 試薬類
・λパッケージングキット(Agilent Technologies社;GigapackIII XL Packaging Extractなど)
・トランスフェクション試薬(TransIT293 (製品コード MIR2700)など)
・LB 液体培地、LB 寒天プレート(Ampicillin濃度50~100 μg/mlで使用)
・Dulbecco's Modified Eagle's Medium (DMEM)(glucose 1 g/L)(製品コード 12-707F)
recAの大腸菌株・フェノール/クロロホルム
・エタノール・滅菌精製水
・電気泳動用アガロースゲル(PrimeGel Agarose LE 1-20K GAT (製品コード 5801A)など)
・分子量マーカー(Wide-Range DNA Ladder(製品コード 3415A)など)
・TE Buffer・DNA Blunting Kit (製品コード 6025)
・293細胞 (ATCC CRL-1573など)・HeLa細胞 (ATCC CCL-2など)
・L-Gulutamine・Fetal Bovine Serum (FCS)
・ペニシリン/ストレプトマイシン(Lonza社 Code.17-602Eなど)
・0.02% EDTA/PBS ・RNase A
・制限酵素Cla I (製品コード 1034A)・制限酵素Xho I (製品コード 1094A)
・EDTA溶液・ドライアイス
・制限酵素Pac I(New England Biolabs社など:必要に応じて使用)
・NucleoSpin Tissue(製品コード 740952.10/.50/.250:必要に応じて使用)
この画面を閉じる