この画面を閉じる

Protocols

DNA Ligation Kit <Mighty Mix>

【1-2】プラスミドベクターに外来DNAを挿入する場合【高速プロトコール】

  1. プラスミドベクター [25 fmol; pUC118 (3,162 bp) の場合、約50 ng] およびインサートDNA (25~250 fmol) を含むDNA溶液5~10 μlを用意する。*1
  2. 1. のDNA溶液と等量のLigation Mix (5~10 μl) を添加し、ピペッティング等により、よく混合する。
  3. 25℃で*2、5分間保温する。
  4. 直ちに形質転換を行う場合には、100 μlのコンピテントセルに10 μl*3 の反応液を加える。


  5. *1 TE Buffer (10 mM Tris-HCl、1 mM EDTA, pH8.0) などに溶解して下さい。
    *2 反応温度を上げると (26℃以上) 環状DNAが形成されにくくなります。高速プロトコールの場合は必ず25℃で反応してください。
    *3 大量のDNA溶液をコンピテントセルに加える場合、およびエレクトロポレーションにより形質転換を行う場合はエタノール沈殿によりDNAを回収してから行って下さい。
この画面を閉じる