この画面を閉じる
Transgene Detection Primer Set for Real Time (Mouse)(製品コード 3788)
  1. ゲノムDNAの抽出
    マウス尾の先端などを材料としてゲノムDNAを抽出する。正確な定量を行うには、NucleoSpin Tissue等のカラム精製法、あるいはフェノール/ クロロホルム抽出法を利用して高純度のゲノムDNAを調製することを推奨する。導入遺伝子の有無の判定の場合は、簡易的な方法で抽出したゲノムDNAも使用可能である。
  2. リアルタイムPCR
    まず、プライマー以外のマスターミックスを調製し、各々のチューブに分注します。最後に各プライマーを添加する。この手順で反応液を調製すると、鋳型分注量の誤差によるバラツキを最小限に抑え、安定した結果を得ることができる。
    <リアルタイムPCR反応例>
    使用試薬 : TB Green Premix Ex Taq II (Tli RNaseH Plus)
    リアルタイム PCR装置 : Thermal Cycler Dice Real Time System II

    1)下記に示すPCR反応液を調製する。本製品に含まれる6種類のプライマー対を全種類使用する場合は、プライマー以外のコンポーネントで7反応分のマスターミックスを調製し、20 μlずつ分注後、各プライマー対 5 μlを添加するとよい。
     < 1 反応分 >< 7 反応分 >
    TB Green Premix Ex Taq II(2×)12.5 μl87.5 μl
    Primer mix(2 μM each)5 μl-
    ゲノムDNA*2 μl14 μl
    滅菌精製水5.5 μl38.5 μl
    total25 μl 

    * ゲノムDNAの添加量が多すぎると、インターカレーター(TB Green)のバックグラウンドが高くなることがあります。その場合には、ゲノムDNA量を1/10程度あるいは10~20 ngに減らしてください。

    2)リアルタイムPCR反応を行う。
    95℃ 1分 (初期変性)
    95℃ 5秒 40サイクル
    60℃ 30秒
    融解曲線分析
    * PCR反応の条件は、TB Green Premix Ex Taq IIの標準条件に従ってください。
     初期変性の時間は、1分に変更してください。
この画面を閉じる