この画面を閉じる

Protocols

NucleoSpin® RNA Plant and Fungi

植物試料からのRNA抽出プロトコール(NucleoSpin® RNA Plant and Fungi(製品コード 740120.10/740120.50))

使用時には、必ず添付の英文説明書をご確認ください。

試薬の準備

Buffer PFW2*1が添付の英文説明書に従って調製、希釈されていることを確認する。

1. サンプルの準備
2. ライセートのろ過
3. Bufferの添加
4. カラムへの吸着
5. メンブレンの洗浄
6. RNAの溶出

*1 Buffer PFW2の調製
製品コード 740120.10(10回用)の場合:Wash Buffer PFW2(Concentrate) 6 mlに96~100%エタノール 24 mlを添加する。
製品コード 740120.50(50回用)の場合の調製法は英文説明書を参照すること。
*2 各種試料の推奨の試料量とBuffer混合比
試料の種類 推奨試料量 推奨するBuffer液量*3 推奨するprotocol
Buffer PFL Buffer PFR Buffer PFB
二次代謝産物の多い試料
ブドウ(葉) 100 mg 500 μl 50 μl 500 μl 通常protocol
モミ 50 mg 500 μl 20 μl 500 μl 通常protocol
トウヒ 50 mg 500 μl 20 μl 500 μl 通常protocol
生姜 500 mg 500 μl 50 μl 500 μl 通常protocol
果実
キウイ 500 mg 500 μl 20 μl 750 μl 酸性試料用protocol*4
柑橘類 500 mg 500 μl 20 μl 750 μl 酸性試料用protocol*4
リンゴ 500 mg 500 μl 10 μl 750 μl 酸性試料用protocol*4
ブドウの実 500 mg 500 μl 50 μl 750 μl 通常protocol
ブルーベリー 500 mg 500 μl 20 μl 500 μl 酸性試料用protocol*4
トマト 500 mg 500 μl 20 μl 750 μl 通常protocol
タバコ 100 mg 500 μl 50 μl 500 μl 通常protocol
小麦 100 mg 500 μl 20 μl 500 μl 通常protocol
トウモロコシ 100 mg 500 μl 20 μl 500 μl 通常protocol
ナズナ 100 mg 500 μl 20 μl 500 μl 通常protocol
でんぷん質の多い試料
トウモロコシ粉 100 mg 500 μl 50 μl 500 μl 通常protocol
小麦粉 90 mg 500 μl 20 μl 500 μl 通常protocol
ジャガイモ根茎 50 mg 500 μl 50 μl 500 μl 通常protocol
種子
シロイヌナズナ(種子) 100個 500 μl 20 μl 750 μl 通常protocol
アルファルファ(種子) 50 mg 500 μl 20 μl 750 μl 通常protocol
木綿(種子) 1個(~100 mg) 500 μl 20 μl 750 μl 通常protocol
アルファルファの根 300 mg 500 μl 10 μl 500 μl 通常protocol
エンドウ豆の根 180~280 mg 500 μl 20 μl 500 μl 通常protocol
テンサイ(根) 500 mg 500 μl 10 μl 500 μl 通常protocol
その他
サトウキビ茎 500 mg 500 μl 20 μl 500 μl 通常protocol
カビの菌糸 50 mg 500 μl 20 μl 750 μl 酸性試料用protocol*4
キノコ(子実体) 50~100 mg 500 μl 10 μl 500 μl 通常protocol
100 mg 500 μl 10 μl 500 μl 通常protocol
*3 Bufferの液量については上に示された類似の試料の条件を使用する。類似の試料がない場合には、 まずはBuffer PFL 500 μl, Buffer PFR 10 μl, Buffer PFB 500 μlで設定する。それでうまく取れない場合はBuffer PFRの量を変えて検討する。
*4 酸性試料の場合にはBuffer PFN(別売)による中和や熱処理前に遠心操作が必要である。 詳細は英文説明書を参照のこと。
この画面を閉じる