この画面を閉じる

Application

SP6 RNA Polymerase

SP6 RNA Polymeraseによるlinearized DNAからのRNAの合成

反応液組成
40 mM Tris-HCl(pH7.5)**
6 mM MgCl2**
10 mM DTT
2 mM スペルミジン**
0.01% BSA
0.45μg linearized DNA*
0.5 mM ATP、GTP、UTP
12.5μM 32P〕CTP(図1)または0.5 mM CTP(図2)
10~600 U cloned SP6 RNA Polymerase/20μl
  ↓
37℃、30 minインキュベーション

* pSP65 vectorのSP6 promoter下流にpBR322のTetr geneをクローニングしたものである。
** 10 × Bufferとして製品に添付

図1〔32P〕CTPのRNAへの取り込み ★:10 Uでの取り込みを1としたときの相対値

図2 SP6 RNA Polymeraseの酵素量によるRNA合成量の変化

Lane 1, 10:λ-Hind III fragment
Lane 2:Linearized Template(LT)
Lane 3:LT + 20 U SP6 RNA Pol.
Lane 4:LT + 35 U    〃
Lane 5:LT + 50 U    〃
Lane 6:LT + 70 U    〃
Lane 7:LT + 100 U    〃
Lane 8:LT + 150 U    〃
Lane 9:LT + 200 U    〃
この画面を閉じる