この画面を閉じる

Application

TaKaRa LA Taq®

GC richな繰り返し配列の増幅
 ―ハンチントン病遺伝子の増幅―

TaKaRa LA TaqとGC Bufferおよび従来のLA PCR Bufferをそれぞれ組み合わせたものと、B社製GC Kitを用いて、ハンチントン病遺伝子(HD遺伝子IT15 CAGリピート;サイズ262 bp/GC含量73%、358 bp/GC含量71.5%)を増幅、比較検討した。その結果、従来のLA PCR BufferやB社製GC Kitを用いたものでは、いずれのバンドも検出できなかったが、GC Bufferを用いたTaKaRa LA Taqでは、2本のバンドがはっきり検出できた。
■ PCR反応条件
TaKaRa LA Taqの場合
94℃、1 min 
94℃、30 sec 30 cycles
60℃、30 sec
72℃、1 min
 
72℃、5 min

B社製GC Kit(マニュアルに従った)
94℃、1 min 
94℃、30 sec 30 cycles
68℃、3 min
 
68℃、3 min
■ 結果
レーン 酵素 バッファー template量
1: TaKaRa LA Taq 10×LA PCR Buffer 100 ng
2: 2×GC Buffer I 100 ng
3: 2×GC Buffer II 100 ng
4: B社製GC Kit 同キット添付バッファー 100 ng
M: 100 bp DNA Ladder Marker
Thermal Cycler:TaKaRa PCR Thermal Cycler MP
ゲル:3% NuSieve 3:1 Agarose gel
アプライ量:8 μl/50 μl
この画面を閉じる