この画面を閉じる

Application

Anti-Human Fibronectin

抗フィブロネクチン抗体による細胞接着阻害活性の測定

ヒト血漿フィブロネクチンをコートしたシャーレにNRK細胞を接着伸展させた。あらかじめ各濃度モノクローナル抗体で前処理することにより、接着が阻害される。接着阻害効果は両抗体(FN12-8、FN30-8)を併用することにより増幅される。
操作手順
96-well microplate coated with FN at 10μg/ml in PBS
Blocking with 2% BSA in PBS
Incubation with monoclonal antibodies
Incubation with trypsinized normal rat kidney(NRK)cells
suspended in serum free D’MEM(10,000 cells per well)
Washing with PBS
Staining residual cells with 0.25% Rose Bengal dye in PBS
Washing with PBS
Treatment with 50% ethanol in PBS
Estimation of the number of attached cells by A570
結果

図 NRK細胞の接着阻害効果
各モノクローナル抗体を併用または単独にて0.001~1 μg/mlの濃度で反応させ、ラット腎細胞を分散後、洗い流さず、顕微鏡にて観察した。併用時に強い接着阻害がみられる。
この画面を閉じる