この画面を閉じる

Application

Plant DNA Isolation Reagent

実験例3:タバコBY-2培養細胞からのゲノムDNA抽出

【方法】
湿重量50 mgのタバコBY-2培養細胞をマイクロチューブにとり、PBS洗浄後、-20℃で凍結した。ピペットチップの先端で細胞をチューブの壁に押し付ける操作は省略し、プロトコールに従いゲノムDNAを抽出した。得られた沈殿を20 μlのTE Bufferで溶解後、電気泳動および吸光度の測定を行った。(N=2)
【結果】
得られたゲノムDNA溶液のうち、5 μlをアプライ
M:λ-Hind III digest(150 ng分をアプライ)

1 % Agarose L03「TaKaRa」
図3.タバコBY-2培養細胞から抽出したゲノムDNAの電気泳動結果

この画面を閉じる