この画面を閉じる

Application

pHEK293 Ultra Expression Vector

蛍光タンパク質(AcGFP1)の発現

pHEK293 Ultra Expression Vector I/II(製品コード 3390/3392)

接着性HEK293T細胞
あらかじめ12ウェル細胞培養用プレートに培養しておいたHEK293T/17細胞に、TransIT-293 Transfection Reagent(製品コード MIR2704~2706)を使用して、キットのプロトコールに従ってトランスフェクションを行った。各実験で使用したプラスミドを表に示した。

浮遊性HEK293細胞
あらかじめ125 ml三角フラスコに培養しておいた浮遊性HEK293細胞(Free Style 293-F cells、Thermo Fisher Scientific社製)に、キットのプロトコールに従ってトランスフェクションを行った。各実験で使用したプラスミドを表に示した。

 細胞AcGFP1 発現ベクターpHEK293 Enhancer
Vector
プラスミドの種類プラスミド量
(μg)
プラスミド量
(μg)
1
2
3
4
5
接着性
HEK293T細胞
pBApo-CMV/AcGFP1
Vector I/AcGFP1
Vector II/AcGFP1
Vector II/AcGFP1
A 社Vector/AcGFP1
1
1
1
1
1
-
-
0.008
0.2
-
6
7
8
9
10
浮遊性
HEK293細胞
pBApo-CMV/AcGFP1
Vector I/AcGFP1
Vector II/AcGFP1
Vector II/AcGFP1
A 社Vector/AcGFP1
30
30
30
30
30
-
-
0.24
6
-
pBApo-CMVpBApo-CMV DNA(製品コード 3242)
Vector IpHEK293 Ultra Expression Vector I(製品コード 3390)
Vector IIpHEK293 Ultra Expression Vector II(製品コード 3392)
A社VectorA社タンパク質高発現ベクター
トランフェクションから2日後、顕微鏡観察(接着性HEK293T細胞のみ)およびフローサイトメーターで蛍光強度の観察を行った。結果を図1及び図2に示した。
その結果、本製品を用いることで一般的なCMVプロモータを利用した発現ベクター(pBApo-CMV DNA)と比較して5~11倍、A社製ベクターと比較して2~7倍の蛍光強度の増加が認められた。
本製品を用いた試験では、肉眼でも培地が緑色になることを確認できた(図3)。
細胞を回収し、細胞ライセートを電気泳動後CBB染色したところ、くっきりとAcGFPのバンドを確認できた(図4)。
蛍光顕微鏡画像
図1.蛍光顕微鏡画像

AcGFP 陽性細胞の蛍光強度
接着細胞(293T/17)
AcGFP 陽性細胞の蛍光強度
浮遊細胞(FreeStyle 293-F Cells)
[接着性HEK293T細胞]
1.pBApo-CMV/AcGFP1(1 μg)
2.Vector I/AcGFP1(1 μg)
3.Vector II/AcGFP1(1 μg)+Enhancer Vector(0.008 μg)
4.Vector II/AcGFP1(1 μg)+Enhancer Vector(0.2 μg)
5.A 社Vector/AcGFP1(1 μg)

[浮遊性HEK293細胞]
6.pBApo-CMV/AcGFP1(30 μg)
7.Vector I/AcGFP1(30 μg)
8.Vector II/AcGFP1(30 μg)+Enhancer Vector(0.24 μg)
9.Vector II/AcGFP1(30 μg)+Enhancer Vector(6 μg)
10.A社Vector/AcGFP1(30 μg)
図2.AcGFP陽性細胞の蛍光強度

培養フラスコ写真(浮遊性HEK293細胞)
図3.培養フラスコ写真(浮遊性HEK293細胞)
電気泳動・CBB染色結果
図4.電気泳動・CBB染色結果

この画面を閉じる