この画面を閉じる

Application

In-Fusion® HD Cloning Kit

In-Fusion® HD Cloning KitとA社同等品の比較実験(クロンテック取得データ)

方法
  • クローニングベクターにはBamH Iで切断したpUC19を使用した。
  • 反応条件は各社推奨のプロトコールに従った。
  • A社製品の反応時間は15~60分の範囲のため、マルチクローニングの場合のみ60分の反応条件も行った。
  • 形質転換にはクロンテックの「Stellar Competent Cells」を使用した。
  • 「目的クローンの割合」は、「Vector + Insert」で出現したコロニーから26個をピックアップしてシーケンスを行い、正しい配列のコロニー数から算出した。
(1) マルチクローニングの場合
2.7 kbのベクターに、MBP(1.1 kb)、PROF12(0.7 kb)、AcGFP(0.7 kb)の3種類のインサートを同時にクローニングするマルチクローニングを行った。

In-Fusion HD CloningA社
反応条件50℃、15分50℃、15分50℃、60分
Vector + Insert89コロニー111コロニー392コロニー
Negative Control
(no insert)
1コロニー39コロニー78コロニー
目的クローンの割合100%(26/26)19%(5/26)73%(19/26)

<結果>

・In-Fusion Kitに比べA社キットが、Negative Controlのコロニー出現数が圧倒的に多かった。
・目的クローンの割合も、In-Fusion Kitが高かった。
(2) シングルクローニングの場合
2.7 kbのベクターに、1種類のフラグメント(MBP;1.1 kb)のシングルクローニングを行った。

In-Fusion HD CloningA社
反応条件50℃、15分50℃、15分
Vector + Insert635コロニー401コロニー
Negative Control
(no insert)
1コロニー39コロニー
目的クローンの割合100%(26/26)96%(25/26)

<結果>

・In-Fusion Kitに比べA社キットが、Negative Controlのコロニー出現数が多かった。
・目的クローンの割合には大きな差がみられなかった。
まとめ
In-Fusion Kitの方がバックグラウンドが低く、正確性の高いクローニング結果が得られた。
この画面を閉じる