遺伝子組換え体の情報提供と送付方法に関して

タカラバイオに遺伝子組換え生物等をお送りいただく際は、以下の点に留意ください。
  • 研究開発二種省令第七条に規定する運搬に当たって執るべき拡散防止措置を執る必要があります。
  • 同、第二十六条に基づいて、弊社はお送りいただく遺伝子組み換え生物等についての情報(情報提供文書)を提供いただく必要があります。提供いただくのは施行規則第三十三条第二号に規定されている内容です。
  • 情報提供文書送付のお願い
    試料送付前に情報提供文書を弊社宛て提出いただきます。情報提供用紙に必要事項を記載いただき電子メールあるいはFAXにて弊社担当窓口に送付してください。弊社担当窓口はメニューによって異なっております。情報提供文書および試料送付先は別途担当者よりご案内いたします。情報提供用紙受領後、折り返し受入れのご連絡を差し上げます(病原性・感染性のある生物は、受入れできません)。


  • 遺伝子組換え生物等を含む試料送付に際してのお願い
    *送付日、弊社到着日について事前に担当窓口までお知らせください。
    *送付の際は受託依頼書も添付して担当窓口に送付してください。
    *1.5 mlチューブはプラスチック製の変形しない容器(チューブBOX)などに入れてください。
    *作業終了の3ヵ月経過後には、サンプルの不活化および廃棄を行います。返送をご希望の方は別途お知らせください。

梱包の方法

  • チューブやシャーレ、プレートにサンプル情報を明記してください。
  • チューブやシャーレは密閉し、パラフィルムなどでシールしてください。
  • プレートは溶液量をプレートの半分までとし低温に強い強粘着のシールをしてください。
  • 容器が運搬の際の衝撃によって破損しないように緩衝材等で覆って下さい。
  • 容器が割れても内容物がもれないよう、チャックつきの袋などに二重に入れてください。
    (ドライアイス使用の際は袋が破損する場合がありますので、プラスチック容器等をご使用下さい。)
  • シャーレは凍結しないように送付してください。
  • 内容物(ドライアイス等を含む)がしっかりと固定されるように隙間なく緩衝材等で梱包してください。
  • 最も外側の容器には「割れ物・取り扱い注意」と表示してください。
  • 所定の依頼書を添付してください

情報提供用紙

試料送付前に添付の情報提供用紙に必要事項を記入いただきFAXにて弊社までご連絡いただくか、電子メールにて情報をご提供ください。
送付先等は担当者より連絡いたします。ご不明な点はお問い合わせ窓口までご連絡ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 本受託サービスは、すべて研究目的として作業を行います。納品物を試験研究目的以外へご使用される場合、弊社では納品物に起因する損失・損害等については一切の責任を負いかねます。納品物によっては、その構成物(例えば、ベクター、蛍光色素など)の使用に制限がある場合がありますのでご注意ください。
  • 納品物に起因して、直接的もしくは間接的に発生したお客様の損害については、明らかに弊社の責に帰すべき事由による場合を除いて、弊社は一切その責任を負いません。

▲このページのトップへ