Tks Gflex™の技術

Tks Gflex DNA Polymeraseは、Thermococcus属古細菌由来のDNA polymeraseをベースに、反応阻害の要因となる酵素の鋳型DNAに対する非特異的結合を抑制した改良型PCR酵素である。
弊社独自の改変型伸長因子を上記の改良型酵素と組み合わせることで、優れた伸長性と反応スピードを持つ酵素となった。
さらに新規開発したプライミング特異性の向上物質(特許出願中)を反応系に加えたことにより、幅広い核酸濃度のサンプルに対して極めて特異的な増幅を実現している。
クルードサンプル、GCリッチ・ATリッチ・長鎖などの難増幅配列からも特異的な増幅が可能となり、PCRの反応成功率が大幅にアップした。

改変型伸長因子とバックグラウンド低下因子

【改変型伸長因子の効果】

[32P]ラベルしたプライマーを鋳型とアニールし、70℃でプライマー伸長活性を測定した。

改変型伸長因子の添加によって伸長性が増し、十分な長さの増幅産物を安定的に得ることが可能となった。
【バックグラウンド低下因子の効果】

標準的なPCR条件でバックグラウンド低下因子の有無による反応性の違いを確認した。


バックグラウンド低下因子の添加により、プライミングの特異性が向上し、非特異的増幅が大幅に軽減した。

GC含量に影響を受けない反応系

大腸菌ゲノムライブラリーを各種PCR酵素で増幅後、GA IIx(Illumina社)で次世代シーケンス(NGS)解析を行った。

Tks GflexPrimeSTAR GXLA社PCR酵素
  X軸:GC%
  Y軸:normarized depth(PCR free)
(弊社比較データ)
PCR増幅を行わないライブラリーと比較した結果、Tks GflexはGC含量にかかわらずもっとも均一な 増幅を示した。極端なGCリッチ、ATリッチターゲットに対しても優れた反応性を示し、バイアスのないライブラリー増幅が可能である。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ