植物の形質転換のための遺伝子導入に

Agrobacterium tumefaciens LBA4404 Electro-Cells

  • ●SOC培地添付
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 9115 9115 Agrobacterium tumefaciens LBA4404 Electro-Cells
40 μl×5 ¥32,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Agrobacterium tumefaciensRhizobium radiobactor)は、自身の持つTiプラスミドの一部であるT-DNA(transfer DNA)を宿主植物の細胞内に移行させ、植物染色体DNAに挿入した後にT-DNA上の遺伝子を発現させることにより、感染部位にクラウンゴール(Crown gall)を形成させる。この仕組みを利用して、T-DNA上の病原性遺伝子を取り除き、選択マーカー遺伝子とともに目的外来遺伝子に置き換えることにより、宿主植物の細胞、核DNAに外来遺伝子を移行させ(Agrobacterium-mediated gene transfer)、植物を形質転換するバイナリーベクター法が考え出された1)
Agrobacterium tumefaciens LBA4404株はバイナリーベクター法の開発者であるオランダのライデン大学の P. J.J.Hooykaas教授らが開発した菌株2)で、T-DNAのvir領域(T-DNAの切り出しから移行に関わる遺伝子が存在)のみを含むプラスミドpAL4404を保有しており、植物の形質転換での多くの使用実績がある。
本製品は、バイナリーベクター法に使用されるベクターDNAを菌体内に導入するためのエレクトロポレーション法3)用のコンピテントセルとして調製されており、得られた形質転換A. tumefaciensは様々な植物の感染実験(形質転換実験)に使用できる。

内容

Agrobacterium tumefaciens LBA4404 Electro-Cells40 μl×5
pRI 900 DNA*1(1 ng/μl)10 μl
SOC Medium*21 ml×10

*1 pRI 900 DNA:pRI 910 DNA(製品コード 3261)からマルチクローニングサイトを除いたプラスミドDNAである。
*2 SOC Mediumの組成:
2%Tryptone
0.5%Yeast extract
10 mMNaCl
2.5 mMKCl
10 mMMgSO4
10 mMMgCl2
20 mMGlucose
【ご注意】
SOC Mediumを溶かした際に、稀に沈殿が生じる場合がありますが、品質には全く問題ありません。
沈殿が生じた場合は、室温で混ぜるかもしくは37℃で数分間温めて沈殿を溶かしてご使用ください。

保存

-80℃
注意:保存は-80℃で行います。温度管理が不十分な場合、形質転換効率が低下することがあります。そのような事態が予想される場合は、付属のpRI 900 DNAを用いて形質転換効率を確認の上、使用してください。
液体窒素では保存しないでください。

形質転換効率

使用方法に従って、1 ngのpRI 900 DNAで形質転換し、カナマイシンおよびストレプトマイシンを含むプレートでコロニーを選別した。
この時、>5×106 colonies/μg・pRI 900 DNAの効率を得た。

タカラバイオの植物関連製品

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ