RNaseコンタミネーション除去液

RNase-OFF™

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 9037 9037 RNase-OFF™(RNaseコンタミネーション除去溶液)
  • バルクなど特別対応可能
500 ml ¥6,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

RNase-OFFは、非アルカリ性、非腐食性、非発癌性のRNaseコンタミネーション除去試薬で、RNaseを失活させる界面活性剤を含む、安定で耐熱性のあるready-to-useな試薬である。

保存

室温
低温になると沈殿物が生じるが、37℃で保温することにより簡単に溶解する。

使用法

(1)実験台などからのRNaseの除去
RNase-OFFを直接実験台に注ぎ、ペーパータオルで全面に拡げる。次に滅菌水を注ぎ、ペーパータオルで全面に拡げる。最後に新しいペーパータオルで水を拭き取る。

(2)器具・装置などからのRNaseの除去
RNase-OFFをペーパータオルに十分しみ込ませ、器具の表面をよく拭く。次に滅菌水をしみ込ませたペーパータオルで拭く。最後に新しいペーパータオルで拭き取る。小さな部品は、RNase-OFF に1~2分間浸した後、滅菌水でよく洗う。最後に新しいペーパータオルで水を拭き取る。

(3)プラスティック、ガラス容器などからのRNaseの除去
充分量のRNase-OFFを容器に注ぎ、撹拌して内表面全体に行き渡らせる。液を捨てた後、滅菌水を注いで撹拌しながら洗浄する(計2回)。水を捨て、乾燥させる。

(4)ピペットからのRNaseの除去
取扱説明書に従ってピペットを分解する。シャフト部分をRNase-OFF に1分間浸す。滅菌水でよく洗った後、新しいペーパータオルで拭き取る。次にシャフト以外の部分を、RNase-OFFをしみ込ませたペーパータオルで拭き、続いて滅菌水をしみ込ませたペーパータオルで拭く。最後に新しいペーパータオルで水を拭き取った後、ピペットを組み立てる。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ