Reverse Transcriptase XL (AMV)

  • ●反応用バッファー添付
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
LSI 2620A 2620A Reverse Transcriptase XL (AMV)
  • バルクなど特別対応可能
500 U ¥38,500
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本酵素は、Avian myeloblastosis virusから単離された、分子量約157,000 daltonsのαβ型holoenzymeの逆転写酵素である。本酵素は、Nuclease-freeにまで高純度に精製したものであり、約10 kbのRNAを鋳型としたcDNA合成に使用できることを確認している。本酵素はcDNA合成活性とともに、RNase H活性も保持している。

保存

-80℃凍結保存(数回の凍結、融解の繰り返しではほとんど活性は低下しないが、なるべく避けること)または短期間(6ヵ月)であれば-20℃保存でもよい。

濃度

15~40 units/μl

形状

200 mM リン酸カリウム緩衝液(pH7.2)
2 mM DTT
0.2%Triton X-100
50%グリセロール

添付Buffer組成(cDNA合成用、10×/5×)

250 mMTris-HCl(pH8.3)
500 mMKCl
20 mMDTT
50 mMMgCl2

注意)長鎖cDNAの合成には、添付Bufferは 1/10希釈での使用が望ましい。

活性の定義

Poly(rA)・oligo(dT)12-18を鋳型/プライマーとし、37℃で10分間に1 nmolの[3H] dTTPを酸不溶性沈殿物に取り込む活性を1 Uとする。

活性測定用反応液組成

50 mM Tris-HCl(pH8.3)
40 mM KCl
6 mM MgCl2
4 mMDTT
0.4 mM Poly(rA)・(dT)12-18
0.5 mM [3H]dTTP
2~4 URTase XL (AMV)

品質検定

以下の方法により、メーカーにて品質検定が行われている。

1. cDNA合成反応
Poly A-tailed RNA Ladder(0.5 ~ 9.0 kb)1.0 μgと本酵素5.0 Uを41℃で1時間反応後、アルカリゲル電気泳動およびTCA沈澱により、転写効率および完全長cDNA 合成率を確認している。

2. RNase Assay
本酵素とRNA Ladder(0.5~9.0 kb)を1 μg RNAあたり20 Uの割合で37℃にて2時間反応させ、RNAのアガロースゲル電気泳動により、RNase A当量として8×10-8 U以下であることを確認している。

3. DNase Assay(endonuclease、exonuclease)
50 Uの本酵素と0.5 μgのφX174 Hae III fragmentsを、反応液中37℃にて3時間反応させ、電気泳動によりDNase I当量として1.25×10-4 U以下であることを確認している。

用途

  • 1st strand cDNAの合成
  • RNA-PCR
  • cDNAプローブの調製

起源

Avian myeloblastosis virus(AMV)

一般的性質

  • 分子量
    αβ型:157,000

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ