Double Digestion用推奨Universal Buffer

2種類の制限酵素を同時に用いて基質DNAを切断するDouble Digestionは、時間を節約する方法として一般的に用いられている。タカラバイオでは、Universal Bufferを供給すると共に、各酵素ごとにUniversal Buffer別の相対活性を表示しているが(参考:Universal Buffer・Basal Bufferによる制限酵素活性表示システム)、中にはDouble Digestionに使用するUniversal Bufferの選択に困る酵素の組合わせがある。
PDF中の表は、pUC系プラスミドのクローニングサイトに切断部位を持つ酵素を中心に、Double Digestionに使用する最適なUniversal Buffer条件を示している。
なお、表中のUniversal Bufferの前に記している「数字×」は、各Bufferの最終濃度を表示している。Universal Bufferは全て10×濃度で供給しているので、0.5×は20倍、1×は10倍、2×は5倍に希釈して使用する。また、BSAも10×濃度(0.1%)なので、10倍希釈して最終濃度0.01%にして使用する。

主要制限酵素Double Digestion用推奨Universal Bufferは下記PDFをご覧ください。

主要制限酵素Double Digestion用推奨Universal Buffer一覧(PDF、143 K)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ