抗真菌抗生物質(スフィンゴ脂質生合成系阻害剤)

Aureobasidin A

  • Matchmaker Gold酵母ツーハイブリッド/ワンハイブリッドスクリーニングに最適な抗真菌抗生物質
  • 低濃度でS. cerevisiaeなどの真菌類に対して殺菌的に作用
  • Matchmaker Gold酵母ハイブリッドシステムではAureobasidin A耐性遺伝子をレポーターに採用
  • スクリーニング時の偽陽性クローンを効果的に排除
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 630466 Z0466N Aureobasidin A
1 mg ¥22,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 630499 Z0499N Aureobasidin A
10 mg ¥51,500
説明書・データシート・ベクター情報
Aureobasidin A(AbA;分子量 1,100)は、黒色酵母Aureobasidium pullulans R106株より単離された環状デプシペプチドの抗真菌抗生物質である(図1)。Saccharomyces cerevisiaeSchizosaccharomyces pombeCandida albicansKluyveromyces lactis、一部のAspergillus等の真菌類に対して低濃度(0.1~0.5 μg/ml)で殺菌的に作用する。
AbAは、酵母のaur1遺伝子にコードされる酵素、inositol phosphorylceramide(IPC) synthaseに阻害的に作用することで細胞死を引き起こし(1、2)、ドミナント変異アレルであるAUR1-C遺伝子の発現は酵母にAbA耐性を付与することが明らかとなっている。Matchmaker Gold Yeast Two-Hybrid Systemでは、4つめのレポーター遺伝子としてこのAbA耐性遺伝子AUR1-Cを新しく採用した。
Matchmaker Gold Yeast One-Hybrid Library Screening Systemでも、AUR1-Cをレポーターとして採用することで、より簡便で厳密なスクリーニングが可能になった。

Aureobasidin A(オーレオバシジンA)耐性酵母形質転換システム まとめページはこちら

Yeast Two-Hybridシステムに最適な選択マーカー

従来のHIS3遺伝子などを用いた栄養要求性による一次スクリーニングでは、多数の偽陽性クローンを生じていたが、AbAは酵母に対して強い毒性を示すため、AbA耐性を用いたスクリーニングでは偽陽性クローンの出現が大幅に低減される。
Matchmaker Gold Yeast Two-Hybrid Systemでは、AbAのみを用いた一次スクリーニングで得られたクローンに対して、4つのレポーター遺伝子(AUR1-CHIS3ADE2MEL1)を用いて厳密な選択性の二次スクリーニングを実施することで真の陽性クローンをより確実に獲得できる。


図1. Aureobasidin Aの構造式

表1. 種々の真菌に対するAureobasidin Aの最小生育阻止濃度(MIC)
菌株
MIC(μg/ml)
S. cerevisiaeATCC9763(二倍体)0.2~0.4

SH3328(一倍体)0.1

清酒酵母協会701号(二倍体)0.1~0.2

焼酎酵母協会2号(二倍体)0.1

ビール酵母(三又は四倍体)0.1

パン酵母(二倍体)0.2~0.4
Schizo. pombeJY-745(一倍体)0.1
C. glabrataTIMM-10620.1-0.2
C. albicans*TIMM-0136(二倍体)0.04
C. tropicalis*TIMM-0324(二倍体)0.08
K. lactisIFO12670.05
K. marxianusIFO17350.2
A. nidulansFGSC892.5
* これらの菌株にはpAURベクターは使用できません。)

起源

Aureobasidium pullulans No. R106
<Aureobasidin Aの作用機作>
Nagiecらにより、S. cerevisiaeにおけるスフィンゴ脂質の生合成に必須の酵素としてinositolphosphoryl-ceramide(IPC)synthaseが発見されている8)。この酵素は、酵母、カビ、植物に特異的に分布しており9)、フィトセラミドとホスファチジルイノシトールから IPC を生成する反応を触媒している(図1)。TaKaRaが見いだしたAureobasidin A感受性遺伝子aur1は、このIPC synthaseをコードしていると考えられる。また、Nagiecら8)によって、Aureobasidin AがこのIPC synthtase活性を阻害し(IC50="0".2 nM)、それによって細胞内に蓄積したセラミドが細胞死を引き起こしているであろうことが明らかにされている。

図1. 酵母のイノシトール スフィンゴ脂質合成系10)
AbA: Aureobasidin A PI: Phosphatidylinositol
IPC: inositolphosphorylceramide DAG: diacylglycerol
MIPC: mannosyl inositolphosphorylceramide M(IP)2C: mannosyl diinositoldiphosphorylceramide

使用法

メタノールまたはエタノールに0.5~5.0 mg/mlの濃度に溶解し、保存液とする。溶解後は4℃保存。水に難溶。

輸送

室温以下

保存

室温乾燥保存(溶解後は4℃)

形状

凍結乾燥品

規格

分子量 1,100
融 点 155~157℃

品質

HPLC分析により95%以上のAureobasidin Aを含むことを確認している。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ