タンパク質操作を室温下で簡単・迅速に

Capturem™シリーズ

Capturemは革新的な膜テクノロジーにより、室温下での迅速なタンパク質操作を可能にした画期的な製品です。

レジンカラムやビーズ法では煩雑な操作や長い操作時間などが、特にサンプル数が多い場合のデメリットでした。

長年タンパク質を扱う実験をされている方はもちろん、これから始める方にも操作の手間を大幅に短縮するCapturemをおススメします。
タンパク質実験のフロー “Capturem”とは 製品ラインナップ Capturemの活用方法の例 テクニカルノート 文献情報 関連情報 クロンテック通信

タンパク質実験のフロー

クローニングからタンパク質精製まで、タカラバイオでは多数の製品を取り揃えています。
以下に、実験操作の短縮につながる製品「Time Saving製品」をフローとともにご紹介します。


フローチャート検索
タンパク質実験の流れに合わせて各製品の検索が可能です。

“Capturem™”とは

Capturemとは捕獲(Capture)と膜(Membrane)を組み合わせた造語で、捕獲能力のあるメンブレンを意味します。
レジンカラムにはマネのできない使いやすさ!
・ 短時間、簡単なワークフロー
・ 室温操作 OK
・ ベッドボリュームが小さく高濃度溶出が可能
・ 豊富なラインナップ:Miniprep、Maxiprep、24 well、96 well、Large Volumeをご用意
Capturemと従来レジンカラムとの比較
<Capturem><従来のレジンカラム>
  • ベッドボリューム:小さい
  • カラム内でのタンパク質の拡散:速やか
  • 分離速度:速やか
  • ベッドボリューム:大きい
  • カラム内でのタンパク質の拡散:緩やか
  • 分離速度:緩やか

製品ラインナップ

Miniprep Column96-well plate24-well plateMaxiprep ColumnLarge volume
タンパク質精製Capturem His-Taggedシリーズ
抗体精製・濃縮Capturem Protein Aシリーズ 
Capturem Protein Gシリーズ 
Capturem Streptavidinシリーズ   
免疫沈降・共免疫沈降Capturem IP & Co-IP Kit    
抗体の分析Capturem Trypsin    
Capturem Pepsin    
培養上清からのエキソソ-ム精製Capturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)    
Capturemに関するQ&Aはこちら

Capturem™の活用方法の例

Capturemシリーズを使った実験フロー例


★ 無料サンプル配布中 ★
◆ 基本的なワークフロー: 最短5分で精製完了!

Minprepタイプなら最短5分で精製完了!!

◆ 実験時間の比較
【おススメ】 Capturem His-Tagged Purification Miniprep Kit

テクニカルノート

文献情報

Capturem His-Taggedシリーズ
  • Identification of a novel neutralizing and two non-neutralizing epitopes on Epstein-Barr virus gp350 protein.
    Mutsvunguma, L. Z. et al., bioRxiv (2018) 302844.
  • The Egyptian rousette genome reveals unexpected features of bat antiviral immunity.
    Pavlovich, S. S. et al., Cell (2018) 173, 1098-1100.e18.
  • Novel mutations and a severe neurological phenotype in Sjögren-Larsson syndrome patients from Iran.
    Kariminejad, A. et al., Eur. J. Med. Genet. (2018) 61, 139-144.
  • Functional analysis of N-terminal propeptide in the precursor of Vibrio vulnificus metalloprotease by using cell-free translational system.
    Kawase, T.et al., Protein Expr. Purif. (2018) 149, 13-16.
  • Functional identification of glutamate cysteine ligase and glutathione synthetase in the marine yeast Rhodosporidium diobovatum.
    Kong, M. et al., Sci. Nat. (2018) 105, 4.
  • Functional characterization of unique enzymes in Xanthomonas euvesicatoria related to degradation of arabinofurano-oligosaccharides on hydroxyproline-rich glycoproteins.
    Nakamura, M. et al., PLoS One (2018) 13, e0201982.
  • DELLA proteins negatively regulate dark-induced senescence and chlorophyll degradation in Arabidopsis through interaction with the transcription factor WRKY6.
    Zhang, Y. et al., Plant Cell Rep. (2018) 37, 981-992.
  • The endochitinase VDECH from Verticillium dahliae inhibits spore germination and activates plant defense responses.
    Cheng, X.-X. et al., Plant Sci. (2017) 259, 12-23.
  • An anti-amoebic vaccine: generation of the recombinant antigen LC3 from Entamoeba histolytica linked to mutated exotoxin A (PEΔIII) via the Pichia pastoris system.
    Martínez-Hernández, S. L. et al., Biotechnol. Lett. (2017) 39, 1149-1157.
  • Proteases, actinidin, papain and trypsin reduce oral biofilm on the tongue in elderly subjects and in vitro.
    Mugita, N. et al., Arch. Oral Biol. (2017) 82, 233-240.

関連情報

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ