OrgoSol DetergentOUT™

  • 疎水性タンパク質溶液から界面活性剤を除去
  • 99%以上のタンパク質回収率
  • 10 ml用、30 ml用の2種類を用意
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
GNO 786-127 GA607 OrgoSol DetergentOUT™ (Micro)
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  • 安全データシート(SDS)添付
10 mlサンプル用 ¥23,000
現在受注停止中詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報
GNO 786-128 GA608 OrgoSol DetergentOUT™ (Medi)
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  • 安全データシート(SDS)添付
30 mlサンプル用 ¥36,000
現在受注停止中詳細はこちら 説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

OrgoSol DetergentOUTは、疎水性タンパク質溶液などから界面活性剤を除くために適した製品であり、濃度にかかわらず全ての界面活性剤に適応可能である。
本製品では、はじめに特殊な沈殿剤によりタンパク質溶液を沈殿、濃縮した後、界面活性剤を付属のOrgoSol Bufferにより抽出、除去する。沈殿剤使用のため、タンパク質回収は99%以上であるが、生理活性を消失する場合がある。
OrgoSol DetergentOUT (Micro) はタンパク質溶液10 mlまで処理でき、OrgoSol DetergentOUT (Medi) は30 mlまで処理可能である。

注)通常のタンパク質溶液からの界面活性剤の除去には、DetergentOUT GB-S10を、Tweenの除去にはDetergentOUT Tweenの使用をお勧めします。
図1.界面活性剤の除去
図1.界面活性剤の除去
2% SDSまたは、1% Triton X-100を含む疎水性核タンパク質(1 mg/ml)溶液から、OrgoSol DetergentOUT処理により、各界面活性剤が除かれた。

内容

・UPPA-I
・UPPA-II
・OrgoSol Buffer
・DO Wash
・SEED
・DO Prep Buffer-I
・DO Prep Buffer-II

保存

室温
DetergentOUTはGeno Technology社(G-Biosciences)のトレードマークです。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ