ゼラチンベースのブロッキング剤

Western BLoT Blocking Buffer(Fish Gelatin)

  • 魚類由来のゼラチンをブロック剤として用いたBlocking Buffer
    ウェスタンブロットの哺乳動物由来抗体との非特異的な交差反応の可能性が極めて低く、クリアな検出が可能
  • Ready-to-use
  • 一次抗体、HRPまたはAPで標識された二次抗体の希釈液としても使用可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR T7131A T7131A Western BLoT Blocking Buffer (Fish Gelatin)
  • タンパク質精製・検出関連 サマーキャンペーン
1 L ¥10,000
¥8,000
2017/07/03~
2017/08/31

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

Western BLoT Blocking Buffer (Fish Gelatin)は、魚類由来のゼラチンをブロック剤として用いたTBS-T BufferベースのBlocking Bufferである。調製済の溶液なので、そのままウェスタンブロットに使用することができる。ブロック剤が魚類由来のゼラチンであるため、ドライミルク、BSAなど哺乳動物由来のブロック剤に比べて、哺乳動物由来抗体と非特異的な交差反応が起きる可能性が極めて低くなっている。
本製品を使用することにより、バックグラウンドを抑えた、クリアな抗原検出が期待できる。

本製品は、一次抗体、HRPまたはAPで標識された二次抗体の希釈液としても使用可能である。
全ての免疫反応に共通で使用可能なブロック剤はないため、あらかじめ予備試験で、実験系に最適なブロック剤を決める必要がある。一般的に、ブロック剤として魚類由来のゼラチンを使用した場合、バックグラウンドが低く、クリアな結果が期待できる。
しかし、抗原によっては、ゼラチンによって抗原がマスクされ、検出感度が低下する場合がある。この場合は、BSA、カゼインなど他のブロック剤を使用したほうが良い結果が得られることがある。

使用方法

  1. タンパク質が転写されたメンブレンを本製品に浸して、室温で10~60分間軽く振盪する。もしくは、4℃、オーバーナイトでブロッキングする。本製品の使用量の目安は、0.2 ml/cm2メンブレンである。
  2. 適当な一次抗体と二次抗体を使用して、ウェスタンブロット検出を行う。抗体の希釈に本製品を使用することも可能である。

操作上の注意

  1. 本製品を使用後は、直ちにボトルのふたを締めてください。本製品は防腐剤を含有しますが、汚染を防ぐために、長時間ふたを開けておかないようにしてください。
  2. 使用前に 必ず本製品を室温に戻してから使用してください。
  3. 最適なブロッキング条件は、実験系によって異なります。あらかじめ、室温下で最適なブロッキング時間の予備検討することをお勧めします。

内容

Western BLoT Blocking Buffer (Fish Gelatin)  1 L

保存

4℃

関連資料

ウェスタンブロッティング実験ハンドブック
ダウンロード(1.52 MB)



免疫組織化学染色法実験ハンドブック
ダウンロード(1.58 MB)

  タンパク質実験の製品選択が簡単! フローチャート検索をぜひご活用ください。

タンパク質 発現・抽出・精製
タンパク質 定量・電気泳動・ウェスタンブロッティング

  豊富なラインナップから素早く検索!

抗体検索サイト

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ