脂肪細胞分化/維持試薬

AdipoInducer Reagent(for animal cell)

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR MK429 MK429 AdipoInducer Reagent(for animal cell)
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1 Set ¥23,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、株化細胞マウス胎仔由来のマウス線維芽細胞3T3-L1(ATCC CaNo. CL-173)、ラット褐色/白色脂肪前駆細胞、マウス/ラット/ウサギ骨髄細胞などの動物細胞を効率よく脂肪細胞へと分化誘導する試薬である。
3T3-L1細胞は休止期に入ると脂肪細胞へと分化する性質を持っているがインシュリン、デキサメタゾン(DEX)、3-イソブチル-1-メチルキサンチン(IBMX)などのいくつかの薬剤で刺激することにより効率よく分化することが知られており、脂肪細胞分化の研究に広く用いられている。本キットには分化誘導する3種類の試薬(インシュリン、3-イソブチル-1-メチルキサンチン、デキサメタゾン)が含まれており、各細胞に適した培地に添加して培養するだけで脂肪細胞へと分化させることができる。

内容

1セット(分化培地100 ml分+維持培地200 ml分)×3回分

分化培地用添加試薬(培地100 ml分)
1. Insulin solution (最終濃度10 μg/ml)*1 ml
2. Dexamethasone solution(最終濃度2.5 μM)*0.5 ml
3. 3-isobutyl-1-methylxanthine solution(最終濃度0.5 mM)*0.1 ml

維持培地用添加試薬(培地200 ml分)
4. Insulin solution (最終濃度10 μg/ml)*1 ml×2
* 培地に所定の量を加えた場合の最終濃度です。

保存

-20℃

関連のオンラインガイドはこちら

幹細胞研究ガイド
タカラバイオで展開している幹細胞研究のための試薬・受託サービス選択ガイドの他、関連情報をまとめています。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ