細胞洗浄・回収液

CELLOTION™

  • ケミカリーディファインドな細胞洗浄・保存液
  • 遠心・洗浄時の細胞の損失を防止
  • 糖類、タンパク質および血清成分不含
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
ZNQ CB051 CB051 CELLOTION™
100 ml ¥7,000

実験操作動画はこちら

【CELLBANKER 1】、【CELLBANKER 1plus】、【CELLBANKER 2】はこちら
幹細胞の凍結保存に最適化した保存液【STEM-CELLBANKER】はこちら

製品説明

本製品はケミカリーディファインドな細胞の洗浄・保存液である。遠心・洗浄による細胞の損失を抑え、回収率を改善させることができる。 PBSやRPMIなどの細胞洗浄液の代用として使用することができる。

CELLORTION
製品に関する詳細情報は日本全薬工業株式会社のホームページをご確認ください。
http://www.zenoaq.jp/cellbanker/ja/cellotion.html

保存

2~8℃

実験プロトコール

CELLOTIONによる単核球の分離
  1. CELLOTIONで末梢血(PB)または臍帯血(UCB)を1:1の割合で希釈する。
  2. 希釈血液2に対して、1の割合のフィコール液に注意深く重層する(混和しないで下さい。血液は上部に残ります)。
  3. 室温で1,800 rpm、30分間違心分離する。
  4. 形成された単核球のバンド(バッフィーコート)を、フィコール液に触れないようにピペットで注意深く採取する。
  5. 採取した単核球をCELLOTIONに浮遊し、2〜3回遠心洗浄する。
  6. セルカウントを行う。

CELLOTIONによる単核球の分離

実施例

全血からの末梢血単核球分離

血液からリンパ球や単球を分離採取する試薬とCELLOTIONを併用して、血液からの末梢血単核球分離操作を行った結果、PBS使用時の1.3倍の細胞が回収でき(パネルA)、CD3、CD4、CD8、CD14、CD15、CD19抗原陽性細胞の回収率も増加した(パネルB)。特にCD14陽性細胞(単球)で高い回収率の向上(★)が認められたが、単球は白血球の中でも接着性の高い細胞であることから、通常の回収方法では回収ロスが多く、CELLOTIONを使用することで顕著に回収率が向上したと考えられる。
全血からの末梢血単核球分離

関連情報

細胞製品の検索にご利用下さい
細胞選択ガイド

タカラバイオで展開している幹細胞研究のための試薬・受託サービス選択ガイドの他、関連情報をまとめています
幹細胞研究ガイド

Cellartis 幹細胞研究用製品ガイド
Cellartis 幹細胞研究用製品ガイド
iPS細胞・幹細胞研究ガイド
iPS細胞・幹細胞研究ガイド
PromoCell PromoKine
PromoCell PromoKine
ヒト初代培養細胞、細胞培養培地

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ