胚体内胚葉(DE)細胞から肝細胞への分化誘導には

Cellartis® Hepatocyte Differentiation Kit

  • 胚体内胚葉(DE)細胞から肝細胞へ分化誘導が可能
  • 4種類の分化培地と添加剤、ready-to-useのコーティング剤を含むオールインワンキット
  • 25種以上の幹細胞由来DE細胞から分化誘導を確認済
  • 高均質な肝細胞(90%以上)へ効率よく誘導可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CEL Y30050 Y30050 Cellartis® Hepatocyte Differentiation Kit
  • 2017年度 ウインターキャンペーン 細胞・培地
1 Kit ¥86,000
¥73,100
2017/11/27~
2018/02/28

説明書・データシート・ベクター情報
CEL Y30051 Y30051 Cellartis® Hepatocyte Maintenance Medium
  • 2017年度 ウインターキャンペーン 細胞・培地
50 ml×2 ¥25,000
¥21,250
2017/11/27~
2018/02/28

Y30050のコンポーネント
CEL Y10040 Y10040 Cellartis® Definitive Endoderm Cells (from ChiPSC18)
  • 2017年度 ウインターキャンペーン 細胞・培地
  • 劇物
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 ml(6×106 cells) ¥67,000
¥53,600
2017/11/27~
2018/02/28

ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用に関して
説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

Cellartis Hepatocyte Differentiation Kitは胚体内胚葉細胞から高均質な肝細胞(90%以上)へ分化誘導できるキットである。得られた肝細胞は毒物代謝研究や毒性スクリーニングに適した代謝酵素の発現を有している。本製品により、25種のヒト多能性幹細胞株由来の胚体内胚葉細胞から肝細胞へ分化誘導できた(参考文献1)。さらに、胚体内胚葉細胞としてCellartis Definitive Endoderm cells(製品コード Y10040)を使用して肝細胞を得ることもできる。
ヒトiPS細胞から肝細胞への分化誘導を行う場合は、Cellartis iPS cell to Hepatocyte Differentiation system(製品コード Y30055)の使用をお勧めする。

カスタムで、お手持ちのヒトiPS細胞からの分化誘導を承っております。
分化細胞種:心筋細胞、血管内皮細胞、肝細胞、膵β細胞

ご興味のある方はお問い合わせください。
⇒ウェブからのお問い合わせはこちら https://www.takara-bio.co.jp/support/tsl/index.php
TEL 077-565-6999


 
 
Cellartis human iPS cell lines Cellartis Definitive Endoderm ChiPSC18 Cellartis Enhanced hiPS-HEP Cellartis Enhanced hiPS-HEP Cellartis DEF-CS Culture System Cellartis Definitive Endoderm Differentiation Kit with DEF-CS
ヒトiPS細胞から肝細胞への分化誘導のフロー

内容

本製品1キットにて胚体内胚葉細胞から50 cm2面積に相当する肝細胞を分化誘導できる。
Hepatocyte Thawing and Seeing Medium(1)25 ml
Hepatocyte Progenitor Medium(2)50 ml
Hepatocyte Maturation Medium Base (3A)24 ml×2本
Hepatocyte Maturation Medium Supplement (3B)2.6 ml
Hepatocyte Maintenance Medium(4)50ml×3本
Hepatocyte Coating7.5 ml
* 11日間培養を維持できる容量です。それ以上の日数の培養には、別売りのCellartis Hepatocyte Maintenance Medium(製品コード Y30051)をご利用ください。

キット以外に必要な試薬

・ヒト胚体内胚葉細胞
Cellartis Definitive Endoderm cells(製品コード Y10040)または
Cellartis Definitive Endoderm Differentiation Kit with DEF-CS(製品コード Y30035)とヒト幹細胞からヒト胚体内胚葉細胞をご用意いただけます。
・Fetal bovine serum (FBS) or KnockOut Serum Replacement (KOSR)
・PBS Dulbecco’s w/o Ca2+ & Mg2+ (D-PBS -/-)
・TrypLE Select Enzyme
・Cell culture vessels, tissue culture treated polystyrene surface
・General cell culture equipment used in cell culture laboratory

* Cellartis Definitive Endoderm Differentiation Kitを利用される場合に必要である。

保存

-20℃
図1. 肝細胞への分化誘導過程における免疫組織染色結果
Cellartis Definitive Endoderm ChiPSC18とCellartis Hepatocyte Diff Kitを使用して分化誘導した肝細胞を肝マーカー抗体にて免疫 染色した結果、培養14日目、21日目においてHNF4α(緑)、CK18(赤)の高い発現が確認できた。 28日目からCYP3A(赤)、アルブミン(緑)の発現がみられ、37日目ではmetabolic zonation(代謝機能の領域特異性)がみられた。
図2. 肝細胞への分化誘導過程における遺伝子発現プロファイリング
Cellartis Definitive Endoderm ChiPSC18 cellsとCellartis Hepatocyte Diff Kitを使用して分化誘導した細胞について肝マーカー遺伝子およびCYP遺伝子のmRNA発現量をRT-qPCRで解析した。その結果、11日目から32日目にかけて肝細胞へ分化していることが確認できた。


図3. 肝細胞への分化誘導過程におけるCYP活性の変化
Cellartis Definitive Endoderm ChiPSC18 cellsとCellartis Hepatocyte Diff Kitを使用して分化誘導した細胞についてCYP活性を測定した。その結果、21日目から32日目にかけてCYP1A、CYP3A、CYP2C9の活性が認められた。
CYP1Aはacetaminophen、CYP3Aは1-OH-Midazolam、CYP2C9は4-OH-Diclofenacの生成を測定された。

ヒトiPS細胞由来細胞の使用に関して

本製品は、ヒトiPS細胞由来の分化細胞です。添付の文書をご確認のうえ、お取扱いにはご注意ください。 ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用について

使用文献

25種の幹細胞株(ヒトES/iPS細胞)で本製品を利用して肝細胞への分化誘導を確認
  1. Annika Asplund et al.
    One Standardized Differentiation Procedure Robustly Generates Homogenous Hepatocyte Cultures Displaying Metabolic Diversity from a Large Panel of Human Pluripotent Stem Cells. Stem Cell Rev. 2016 Feb;12(1):90-104.

関連製品

肝細胞分化状態のモニタリングに最適なツール
多能性幹細胞から肝細胞への分化誘導状態を様々な指標で評価することができる。

[ 肝細胞分化時に発現変動のある88種類の遺伝子を指標 ]
PrimerArray Hepatic Differentiation (Human)

[ 初期段階の指標であるαフェトプロテインを指標 ]
Anti-Human Alpha Fetoprotein, Monoclonal
Human Alpha Fetoprotein (AFP) EIA Kit

[成熟過程の指標であるヒトアルブミンタンパク質を指標 ]
Anti-Human Albumin, Monoclonal (Clone hAlb 3-7A 他)
Human Albumin EIA Kit

[ ミトコンドリアDNAを指標*1 ]
Human Mitochondrial DNA (mtDNA) Monitoring Primer Set

*1 iPS細胞等の多能性幹細胞から肝細胞方向への分化・誘導過程でmtDNAコピー数が増加することが報告されている。
・Yue Yu et al. , Hepatocyte-like cells differentiated from human induced pluripotent stem cells: Relevance to cellular therapies. Stem Cell Research, 2012 9(3), 196-207.

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ