リニアイオントラップ型ハイブリッド質量分析装置

3200 QTRAP® LC/MS/MS System

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
ABS PS0330 PS0330 3200 QTRAP® LC/MS/MS System
一式

本製品について

性能、価格など詳細に関しましては、別途カタログをご用意しております。
弊社東京支店または関西支店までお問い合わせください。

製品説明

本製品は、コンパクトで高性能なLC/MS/MSであるAPI 3200 LC/MS/MS Systemをベースに、Q3部にリニアイオントラップ部を組み合わせたハイブリッド型のLC/MS/MS装置である。リニアイオントラップは、従来型の3Dイオントラップに比べてトラップできるイオン容量が大きいため、スペースチャージ効果による質量数のずれがなく、また、低質量数でのカットオフが起きないなどの特徴がある。Q2部分での衝突解裂により生じたフラグメントイオンをリニアイオントラップで検出するプロダクトイオンスキャン(Enhanced Product Ion Scan;EPI)や多価イオンを選択的に測定するスキャン(Enhanced Multiply Charged Ion Scan;EMC)、MS/MS/MSなどが可能である。
3200 QTRAPは、API 3200の高感度の定量分析機能および高い耐久性を継承している。プリカーサーイオンスキャンや、ニュートラルロススキャン、MRMモードなど従来の三連四重極型質量分析装置の機能と、リニアイオントラップ独自の機能を組み合わせることにより、多様な測定が可能となり、医薬品開発、プロテオーム解析、環境分析などの分野における様々なニーズに対応できる。

仕様

3200 QTRAP
外形寸法: 105(W)×50(D)×62(H)cm
重量: 111 kg
Mass Range: m/z 5~1700(四重極) 50~1700(リニアイオントラップ)
使用環境: 室温15~30℃(±2℃) 湿度35~80%

3200 Q TRAP
3200 QTRAP

3200 QTRAP LC/MS/MS Systemの特長

  • Q3部分にリニアイオントラップを搭載しているハイブリッド型質量分析装置である。
  • プラグプローブを差し替えるだけでTurboIonSpray(ESI)とAPCIの2種類のイオン源を選択することができるTurbo VソースあるいはNanoSprayを装着することができる。
  • 従来の3Dイオントラップ装置と比較して、プロダクトイオンスキャンを行う際に低質量カットオフや、スペースチャージ効果がおこらず、低分子のフラグメントイオンを観察することができるため、タンパク質、ペプチドの構造解析等に有効である。
  • リニアイオントラップ機構により高感度のMS/MS測定、高分解能測定、MS/MS/MSなどの種々の測定が可能である。
  • 三連四重極型質量分析装置の機能と、リニアイオントラップの機能を組み合わせることにより、様々な定性分析が可能になる。
  • AnalystソフトウエアのIDA(Information Dependent Acquisition)機能により、一度のLC/MS/MS測定で多くの情報を得ることができる。
  • リニアイオントラップ部のイオン容量が大きく、短いFill timeでも感度を落とさず測定できる。
  • Q2部にLINAC機構を搭載しており、APIシリーズの特長である、高感度かつダイナミックレンジの広いMRMモードによる定量測定が可能である。
  • インターフェースヒーターがかけられるセラミック製のOrifice Plateを採用している。工具なしで簡単にメンテナンスできる構造になっている。
QTRAPはAB SCIEXの登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ