レンチウイルスTet発現誘導システム

  • 極めて低い基底発現レベル、非常に高い誘導発現、優れた発現調節性を提供
  • 製品にはLenti-X Packaging Single Shots(VSV-G)が含まれ、安全なウイルスの高力価産生が可能
  • レンチウイルスを用いる強力な遺伝子導入により、非分裂細胞を含む広範囲の細胞でのTetシステム樹立が可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632162 Z2162N Lenti-X™ Tet-On® Advanced Inducible Expression System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • 拡散防止
  • ライセンス
1 Set ¥443,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632163 Z2163N Lenti-X™ Tet-Off® Advanced Inducible Expression System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • 拡散防止
  • ライセンス
1 Set ¥443,900
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631101 Z1101N Tet System Approved FBS, US-Sourced
  • 機能解析 サマーキャンペーン
500 ml ¥110,200
¥88,160
2017/07/03~
2017/08/31

CLN 631106 Z1106N Tet System Approved FBS, USDA-Approved
  • 機能解析 サマーキャンペーン
500 ml ¥98,000
¥78,400
2017/07/03~
2017/08/31

CLN 631311 Z1311N Doxycycline
  • トランスフェクション・エレクトロポレーション試薬
5 g ¥33,000
¥26,400
2017/07/03~
2017/08/31

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。


本製品のご購入には拡散防止措置に関する確認書が必要です。

製品選択ガイド(English)

製品説明

Lenti-X Tet-On AdvancedならびにLenti-X Tet-Off Advanced Inducible Expression Systemでは、広い宿主域のレンチウイルス遺伝子導入法と最新の強力なテトラサイクリン調節遺伝子発現系を組み合わせた。本システムを用いることで、テトラサイクリン遺伝子誘導発現系を広範囲の細胞株、非分裂細胞、幹細胞や生体組織などで利用可能である。

誘導発現メカニズム

ドキシサイクリン(Dox)制御性のトランス活性化因子は、HSV VP16由来の3つの最小転写活性化ドメインとTetRに由来するDNA結合ドメインを連結させた融合タンパク質で、哺乳類細胞における発現に対して至適化されている。各トランス活性化因子はpLVX-Tight-PuroのPTightプロモーター中にあるTRE(テトラサイクリン応答エレメント)領域に結合し、下流の目的遺伝子の発現を高度に誘導する。
Tet-Off Advanced Systemでは、Doxの存在下で基底発現状態が維持され、Dox非存在下で発現が誘導される。Tet-On Advanced Systemは逆に、Dox非存在下で基底発現状態となり、Dox存在下で発現が誘導される。


図1. Tet-Off AdvancedおよびTet-On Advanced Systemにおける発現誘導
Tet制御性トランス活性化因子は、HSV VP16由来の3つの最小転写活性化ドメインとDNA結合TetRを連結させた融合タンパク質である。それぞれのトランス活性化因子は哺乳類細胞における発現に対して至適化されている。Tet-Off Advanced SystemではDoxの存在下で基底発現状態が維持され、Dox非存在下で発現が誘導される。Tet-On Advanced Systemは逆にDox存在下で活性化される。システムの誘導によりPTightから目的遺伝子が高レベルで転写される。

Lenti-X Packaging Single Shots(VSV-G)でウイルスを産生

本システムは2タイプのレンチウイルスベクターから構成されている。1つはTet-On Advanced(rtTA-Advanced)またはTet-Off Advanced(tTA-Advanced)転写活性化因子のいずれかを安定に発現する調節ベクター、もう1つは目的遺伝子の発現を制御する応答発現ベクター(pLVX-Tight-Puro)である。ルシフェラーゼを発現する応答発現コントロールベクター、およびLenti-X Packaging Single Shots(VSV-G)も含まれている。Lenti-X Packaging Single Shots(VSV-G)は、レンチウイルスのパッケージングと複製に必要なベクターと、トランスフェクション試薬Xfect Transfection Reagentが予め1チューブ中にプレミックスされた製品である。目的遺伝子を搭載したレンチウイルスベクター水溶液を加え溶解後、10 cmディッシュ中の293T細胞培養に加えるだけで、高タイターのレンチウイルスベクターを作製することができる。得られる高力価ウイルス上清は濃縮せずに直接使用できる。
誘導系を確立するためには、pLVX-Tet Advanced Vector(OnまたはOff)と目的遺伝子を含むpLVX-Tight-Puro Vector(PTight誘導プロモーターによって制御)から産生したレンチウイルス上清を用いて、標的細胞を同時感染する(図2)。本システムでは高力価ウイルスが容易に取得可能なため、同時感染時のMOIが十分に高くなり、標的細胞の大半に両ウイルスコンストラクトを確実に形質導入できる。この高効率により、安定な形質導入株を選択せずに遺伝子誘導実験に直接進むことができる。また、G418とピューロマイシンにより二重導入した細胞を選択することも可能である。Tet-On Advanced Systemを導入した細胞はドキシサイクリン(Dox)の添加により、迅速に大量の遺伝子転写を開始し、Tet-Off Advanced Systemを含む細胞はDoxの非存在下で高レベルの遺伝子発現を示す。


図2. Lenti-X Tet-On Advancedによる遺伝子誘導発現系の確立
Lenti-X HTX Packaging Systemと293T細胞を用いて、pLentiX-Tet-On Advanced Vectorおよび目的遺伝子を含む pLentiX-Tight-Puro Vectorから高力価のレンチウイルスを産生させる。この2種のレンチウイルスを標的培養細胞に同時に感染させる(約8時間)。さらにDox存在下および非存在下で48~72時間培養後、細胞を回収して解析を行う。これらの手順はLenti-X Tet-Off Advanced Systemでも同じであるが、Doxの影響は逆になる。


図3. Lenti-X Tet-Advanced Systemの高い誘導性
各濃度のドキシサイクリンで培養したHeLa細胞に、LVX-Tight-Puro-LucレンチウイルスおよびLVX-Tet-On Advancedレンチウイルスの高力価上清を等量用いて遺伝子導入を行い(8時間)、48時間後に培養細胞を回収してルシフェラーゼ活性を測定した。ルシフェラーゼは、Dox存在下で極めて高レベルで発現し、一方、Dox非存在下の基底発現は極めて低いレベルであった。
ご注意:拡散防止措置に関する確認書が必要な製品です。
Lenti-X シリーズのレンチウイルスベクターはプロウイルスにおいてLTRのプロモーター活性を持つため、これらのベクターを用いた遺伝子組換え実験は、遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物多様性の確保に関する法律第13条に基づき、文部科学大臣による拡散防止措置の確認が必要です。
なお、これらの製品のご購入に際しては、これらのベクターを使用するにあたり文部科学大臣による拡散防止措置の確認を受けていることをご提示いただく確認書「Lenti-Xシリーズレンチウイルスベクター 拡散防止措置に関する確認書」の添付が必要です。

内容

Lenti-X Tet-On Advanced Indueible Expression System(製品コード 632162)
またはLenti-X Tet-Off Advanced Indueible Expression System(製品コード 632163)
・pLVX-Tet-On Advanced Vector or pLVX-Tet-Off Advanced Vector
・pLVX-Tight-Puro Vector
・pLVX-Tight-Puro-Luc Control Vector
・Lenti-X HTX Packaging Mix 2
・Xfect
・Tet System Approved FBS
・Lenti-X GoStix

保存

#632162、632163、631101、631106:-20℃
#631311:4℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ