肝分化をはじめとする内胚葉分化の出発材料に

胚体内胚葉細胞 Cellartis® DE Cells

  • 90%以上の細胞が胚体内胚葉マーカー SOX17を発現
  • 肝細胞などの内胚葉由来細胞への分化が可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CEL Y10040 Y10040 Cellartis® Definitive Endoderm Cells (from ChiPSC18)
  • 劇物
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 ml(6×106 cells) ¥67,000
ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用に関して 説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Cellartis Definitive Endoderm Cells (from ChiPSC18)はヒトiPS細胞株ChiPSC18から分化させたヒト胚体内胚葉(DE)細胞である。本製品は、in vitroで誘導した胚体内胚葉細胞であり、90%以上の細胞がSOX17を発現している。胚体内胚葉細胞は肝細胞や膵臓内胚葉へ分化することができる。本製品から肝細胞への分化には、Cellartis Hepatocyte Differentiation Kit(製品コード Y30050)を利用することができる。

 
Cellartis human iPS cell lines Cellartis Enhanced hiPS-HEP Cellartis Enhanced hiPS-HEP Cellartis DEF-CS Culture System Cellartis Definitive Endoderm Diff Kit with DEF-CS Cellartis DEF-CS Culture System Cellartis Hepatocyte Maintenance medium
ヒトiPS細胞から肝細胞への分化誘導のフロー

内容

6×106 cells/ml/vial

保存

液体窒素保存
※到着後、ただちに液体窒素中で保存してください。液体窒素保存ができない場合は、ただちに細胞を融解し、培養を行ってください。

図1. Cellartis Definitive Endoderm Cells (from ChiPSC18)の免疫染色
Cellartis Definitive Endoderm Cells (from ChiPSC18)の培養2日後、胚体内胚葉マーカーSOX17と未分化マーカーOct-4の免疫染色を行った。結果から、90%以上の細胞が胚体内胚葉細胞である。

ヒトiPS細胞由来細胞の使用に関して

本製品は、ヒトiPS細胞由来の分化細胞です。添付の文書をご確認のうえ、お取扱いにはご注意ください。 ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用について

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ