ヒト間葉系幹細胞のXeno-Free培地

Cellartis® MSC Xeno-Free Culture Medium

  • 動物由来成分を含まないXeno-Freeのヒト間葉系幹細胞用培地
  • プレートコーティング剤が不要
  • 優れた細胞増殖を実現
  • 未分化状態を維持した培養が可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR Y50200 Y50200 Cellartis® MSC Xeno-Free Culture Medium
1 Kit ¥49,800
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Cellartis MSC Xeno-Free Culture Mediumはヒト間葉系幹細胞(Mesenchymal Stem Cells:MSC)の培養用培地である。動物由来成分を含まないXeno-Free培地であり、再生医療研究にも最適である。本培地を用いると、プレートコーティング剤不使用の条件下でも細胞は高い増殖性を示し、また、未分化状態を維持した培養が可能である。

プレートコーティング剤としてRetroNectin(製品コード T100A/B)またはフィブロネクチン(ヒト)を使用することで、増殖性などを高く維持できる場合があります。

内容

Cellartis MSC Xeno-Free Basal Medium475 ml
Cellartis MSC Xeno-Free Supplement25 ml
Cellartis MSC Xeno-Free Basal Medium

保存

Cellartis MSC Xeno-Free Basal Medium: 4℃(凍結不可)
Cellartis MSC Xeno-Free Supplement:-20℃(再凍結不可)
使用するまで-20℃以下で凍結保存し、使用前に室温もしくは4℃(O/N可)で解凍してください。
解凍後は長時間室温に放置せず、すみやかに使用してください。

Cellartis MSC Xeno-Free Basal MediumにCellartis MSC Xeno-Free Supplementを添加した後は4℃で保存し、一ヵ月以内を目途に使用してください。

本製品以外に必要な試薬

  • ヒト由来間葉系幹細胞
  • PBS
  • 剥離剤
      <推奨> Accumax(Innovative Cell Technologies, Inc:Code. AM105)
  • 凍結保存液
      <推奨> STEM-CELLBANKER GMP grade(製品コード CB045/CB047)

アプリケーションデータ

コーティング剤フリーでヒト骨髄由来間葉系幹細胞を培養した場合の細胞観察画像
図1.コーティング剤フリーでヒト骨髄由来間葉系幹細胞を培養した場合の細胞観察画像

Cellartis MSC Xeno-Free Culture Mediumを用いてヒト間葉系幹細胞を5日間培養した。
培養直後から高い増殖性を示しており、Day 4にはセミコンフルエントの状態になっていることが観察できた。

コーティング剤フリーでのヒト間葉系幹細胞の長期維持培養
図2.コーティング剤フリーでのヒト間葉系幹細胞の長期維持培養
培養条件
ヒト骨髄、脂肪、臍帯マトリクス由来の3種のMSCのそれぞれについて、Cellartis MSC Xeno-Free Culture Medium(本培地)、および、A社Xeno-Free培地(A社XF培地)を用いて、コーティング剤有(コート剤 有)/無(コート剤 無)の2条件で3週間(21日間)培養した。また、いずれのMSCも、4.0×104 cells/ウェル(培地はそれぞれ2 ml、6-wellプレート使用)で培養を開始した。

コーティング剤フリーでのヒト間葉系幹細胞の長期維持培養

*1 「コート剤 有」の場合は、ヒト血漿由来フィブロネクチン溶液を用いてコーティングした培養容器を使用した。
A社Xeno-Free培地(コート剤 無)については、各MSCの培養容器への大幅な接着率低下が確認された時点で培養を中断した。

*2 A社Xeno-Free培地(コート剤 無)については、各MSCの培養容器への大幅な接着率低下が確認された時点で培養を中断した。


  • Cellartis MSC Xeno-Free Culture Mediumで培養したMSCは、優れた増殖性を示した。また、「コーティング剤 無」でもほぼ同等の増殖性能であることが分かった。
  • A社Xeno-Free培地を用いて「コーティング剤 無」で培養した全てのMSCは、2継代目以降に培養容器への接着率の大幅な低下が確認された(*2)。
コーティング剤フリーでのヒト間葉系幹細胞の長期維持培養
図3.コーティング剤フリーで培養したヒト骨髄由来間葉系幹細胞の分化誘導実験

Cellartis MSC Xeno-Free Culture Mediumを用いてコーティング剤フリーで培養したヒト骨髄由来間葉系幹細胞の分化誘導実験を行った。

  1. Cellartis MSC Xeno-Free Culture Mediumで培養したヒト骨髄由来間葉系幹細胞の様子
  2. 脂肪細胞分化培地2(製品コード C-28016)により脂肪細胞へ分化誘導した細胞のOil Red O染色結果
  3. 軟骨細胞分化培地(製品コード C-28012)により軟骨細胞へ分化誘導した細胞のAlcian Blue染色結果
  4. 骨芽細胞分化培地(製品コード C-28013)により骨芽細胞へ分化誘導した細胞Alizarin Red S染色結果

試薬のオンラインガイドはこちら

幹細胞・再生医療研究ガイド
タカラバイオで展開している幹細胞研究のための試薬・受託サービス選択ガイドの他、関連情報をまとめています。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ