毒素原性大腸菌検出用 Primer Set

  • ●反応用バッファー添付
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
SMZ S003 S003 毒素原性大腸菌LT遺伝子検出用 Primer Set ELT-1&2
  • バルクなど特別対応可能
各1,000 pmol ¥33,000
説明書・データシート・ベクター情報
SMZ S004 S004 毒素原性大腸菌STh遺伝子検出用 Primer Set ESH-1&2
  • バルクなど特別対応可能
各1,000 pmol ¥33,000
説明書・データシート・ベクター情報
SMZ S005 S005 毒素原性大腸菌STp遺伝子検出用 Primer Set ESP-1&2
  • バルクなど特別対応可能
各1,000 pmol ¥33,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

下記のように、プライマーの各型を用いてPCRを行うと、毒素原性大腸菌の各エンテロトキシン遺伝子を特異的に検出できる。
Primer
(製品コード)
検出できる遺伝子 増幅DNA
ELT-1 & 2(S003) 易熱性エンテロトキシン遺伝子(LT遺伝子) 263 bp
ESH-1 & 2(S004) ヒト型耐熱性エンテロトキシン遺伝子(STh遺伝子) 131 bp
ESP-1 & 2(S005) ブタ型耐熱性エンテロトキシン遺伝子 (STp遺伝子) 123 bp

検出細菌名

enterotoxigenic Escherichia coli ;ETEC

保存

-20℃(凍結)

濃度

19 pmol/μl

容量

53 μl

形状

滅菌水溶液

添付反応液

専用10×PCR Buffer

備考

毒素原性大腸菌STh遺伝子検出用Primer Set ESH-1 & 2 (製品コード S004)は、プライマーダイマーを形成しやすい傾向があります。本プライマーを用いた検出には、TaKaRa Taq Hot Strat Version (製品コード R007A)などホットスタートタイプのPCR酵素の使用をお勧めします。 ホットスタートタイプではないTaKaRa Taq(製品コード R001A)を用いる場合には、反応液を氷冷下で調製し、サーマルサイクラーの温度が94℃に上がってから反応チューブをセットすることでプライマーダイマー形成が抑えられます。
本製品は株式会社島津製作所で製造されたものです。

  遺伝子検出・検査 関連試薬の選択フローをご利用ください

分野別の試薬選択フロー
手法別の試薬選択フロー

「検査(PCR/ELISA)」関連のお役立ち情報専用ページもご参照ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ