O-157 (ベロ毒素1型、2型遺伝子) One Shot PCR Typing Kit Ver.2

O抗原型遺伝子6種タイピングセットディスカウントキャンペーン実施中
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR RR106A RR106A O-157 (ベロ毒素1型、2型遺伝子) One Shot PCR Typing Kit Ver.2
  • バルクなど特別対応可能
48回用 ¥77,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、O-157:H7をはじめとする腸管出血性大腸菌(EHEC)による食中毒の原因遺伝子であるベロ毒素1型、2型遺伝子をPCR法で増幅することにより、EHECの検出とタイピングを簡便に、かつ迅速に行うためのOne Shot PCRキットである。PCRに必要な試薬全てが0.2 ml PCR tubeに分注されており、サンプルDNAを加えるだけでPCRを開始することができる。
また、DNAポリメラーゼにホットスタートタイプで増幅効率に優れたTaKaRa Ex Taq HSを用いることにより、短時間でより高感度かつ安定した検出が可能になった。さらに反応阻害等による偽陰性判定を防ぐため、各tubeにはPCRのpositive controlとなるControl templateが含まれている。このテンプレートを鋳型にした場合の増幅産物はベロ毒素遺伝子由来の増幅産物とサイズが大きく異なるので、電気泳動による判定を容易に行うことができる。

内容

(48回分、50 μl反応系)
2×One Shot PCR solution tube(無色の0.2 ml PCR tube)   25 μl×48

* 本キットは、ロットA2201AよりVer.2となりました。
プロトコールの変更に伴い、50 μl反応系×48回用に変更になりました。

保存

-20℃
各コンポーネントにはTaKaRa Ex Taq HSが含まれているので、激しい撹拌操作や凍結融解は避ける。
また、凍結融解により反応性が低下する場合があるので、使用するtubeのみ融解すること。

キット以外に必要な試薬、機器

本キットを用いた検出過程では、さらに次のような試薬、機器を必要とする。
【試薬】
  1. 滅菌精製水
  2. アガロースゲル
    PrimeGel Agarose PCR-Sieve(製品コード 5810A)
  3. 電気泳動用 buffer
    Tris-Acetate-EDTA Buffer (TAE) 50×Powder, pH8.3(製品コード T9131)
    またはTBE (Tris-borate-EDTA) powder(製品コード T905)
  4. DNAマーカー
    pHY Marker(製品コード 3404A/B)
    またはφ X174‐Hinc II digest(製品コード 3406A/B)
    または100 bp DNA ladder(製品コード 3407A/B)
  5. Loading buffer(6× : 36% glycerol, 0.05% bromophenol blue, 0.05% xylene cyanol, 30 mM EDTA)(4. に記載のDNAマーカーには添付されている。)
  6. DNA染色剤
    SYBR Green I Nucleic Acid Gel Stain(製品コード 5760A/5761A)
    またはエチジウムブロマイド
【機器】
  1. ヒートブロック(95℃まで温度を上げられるもの)
  2. 1.5 mlチューブ対応型冷却遠心機
  3. サーマルサイクラー
    TaKaRa PCR Thermal Cycler Dice Touch(製品コード TP350)
    TaKaRa PCR Thermal Cycler Dice Gradient(製品コード TP600)
  4. 電気泳動装置
    Mupid-2plus(製品コード M-2P)
    Mupid-exU(製品コード EXU-1)
    Mupid-One(製品コード O1-01)
  5. 電気泳動ゲル撮影装置(SYBR Green Iを使用する場合は専用のフィルターが必要です。)
【その他】
  1. 1.5 mlチューブまたは0.2 ml PCR tube
    [ 0.2 ml Hi-Tube Dome Cap(製品コード NJ200)など
  2. 200 μl & 20 μlマイクロピペット
  3. マイクロピペット用チップ
  4. ポラロイドフィルム
  5. アガロースゲル染色用トレイ(SYBR Green I を使用される場合はポリプロピレン製容器を使用してください。)

増幅されるDNAサイズ

標的遺伝子増幅DNAサイズ
VT1349 bp
VT2, VT2vha, VT2vhb, VT2vp1, VT2vp2112 bp

2×One Shot PCR solution中に含まれているもの

  • PCR Primer
  • Control template
    PCRが正常に行われていることを確認するためのpositive control templateであり、このtemplateを鋳型にしてPCRを行うと、1,070 bpの増幅産物が得られる。
  • TaKaRa Ex Taq HS
    TaKaRa Ex Taq HSは、抗Taq抗体とTaKaRa Ex Taqを混合したもので、ホットスタートPCR用の酵素である。高温に加熱するまでは抗Taq抗体が酵素に結合しポリメラーゼ活性を抑えているため、サイクル前のミスプライミングやプライマーダイマーに起因する非特異的増幅を防ぐことができる。
  • Ex Taq Buffer
  • dNTP Mixture

  遺伝子検出・検査 関連試薬の選択フローをご利用ください

分野別の試薬選択フロー
手法別の試薬選択フロー

「検査(PCR/ELISA)」関連のお役立ち情報専用ページもご参照ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ