この画面を閉じる

Application

O-157 (ベロ毒素1型、2型遺伝子) One Shot PCR Typing Kit Ver.2

従来条件と高速条件の比較

鋳型DNA: 大腸菌O-157菌体熱抽出液
control template
増幅ターゲット: ベロ毒素遺伝子VT1由来の349 bp
ベロ毒素遺伝子VT2由来の112 bp
control template由来の1,070 bp
反応volume: 100 μl
PCR条件: どちらもTaKaRa Thermal Cycler MPを使用

従来条件 94℃ 1分



35 サイクル
55℃ 1分
72℃ 1分
72℃ 10分 Total Time 2時間43分

高速条件 98℃ 10秒



35 サイクル
55℃ 10秒
72℃ 10秒
72℃ 30秒 Total Time1時間13分
電気泳動: 3% Agaroseに反応液10 μlを泳動


【結果】
写真に示すように、高速条件のPCRでも、鋳型DNAが少ない場合にややバンドの強度が落ちるものの、従来条件とほぼ同等の検出ができた。もちろんコロニーPCRでの検出も、まったく問題なく行うことができる。高速条件で反応させることにより、PCR反応から電気泳動による検出までの工程を2時間以内(従来条件では3時間以上)で終了できるようになるので、検体数が多く、迅速な判定を必要とする食品の病原微生物検査の大幅なスピードアップが可能となる。


写真 従来条件と高速条件の比較

レーン

M 100 bp DNA Ladder(製品コード 3407A/B)
N Negative Control
1 1 cell相当/反応系
2 10 cells相当/反応系
3 102 cells相当/反応系
4 103 cells相当/反応系

検体を段階希釈し、検出感度を調べた。一番上のバンド(1,070 bp)はpositive control template、下2本のバンドはベロ毒素遺伝子由来のバンドである。
この画面を閉じる