RNAのクリーンアップと濃縮

NucleoSpin® RNA Clean-up XS

  • 抽出RNA、増幅RNA、ラベリングRNA、DNase処理RNAのクリーンアップに
  • RT-PCR阻害物質を完全除去
  • XSスピンカラムによる迅速な操作で、~90 μg RNAを精製・濃縮
  • 300 μlまで処理でき、わずか5 μlで溶出可能なため、最大55倍の濃縮を実現
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740903.10 U0903A NucleoSpin® RNA Clean-up XS
10回 ¥8,500
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740903.50 U0903B NucleoSpin® RNA Clean-up XS
  • RNA調製
50回 ¥37,000
¥25,900
2017/08/01~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740903.250 U0903C NucleoSpin® RNA Clean-up XS
  • RNA調製
250回 ¥165,000
¥115,500
2017/08/01~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

NucleoSpin RNA Clean-up XSは、抽出したRNAサンプルのクリーンアップや濃縮のためのキットである。通常、pg~μgのRNA精製に利用することができる。本製品は漏斗状リングにセットされた小径のシリカ膜を特長としている(図1)。革新的なカラム構造により、メンブレン上の限定された領域に正確にサンプルをアプライすることができ、さらにわずか5 μlという少量での溶出が可能となった。その結果、従来キットの少量サンプルに対する限界を超えて、溶出RNAを20~50倍に濃縮することができる。

図1 革新的リング構造

リング構造は、小径のシリカ膜をもつ特殊構造により、効果的に少量RNAを結合させ、さらに5(~30) μlという非常に少量の液で溶出できる。そのため、得られたRNA溶液は、高濃度となる。


原理シリカメンブレン法
形状XSスピンカラム
サンプル量≦300 μl 反応液(≦90 μg RNA)
精製サイズ>200 bases
回収率85~95%
A260/2801.9~2.1
溶出液量5~30 μl
精製時間20分
結合容量110 μg

内容

・Clean-up Buffer RCU (Concentrate)
・Wash Buffer RA3 (Concentrate)
・H2O, RNase-free
・NucleoSpin RNA XS Columns
・Collection Tubes (2 ml)
・Collection Tubes (1.5 ml)

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

試薬
・96~100%エタノール

器具
・1.5 mlマイクロチューブ
・ピペットチップ(滅菌済)
・ピペット
・微量高速遠心器

保存

室温

操作手順

用途

  • 抽出RNAの精製
  • 酵素反応液からのRNA精製
  • DNase処理RNAの精製(rDNase Set, 製品コード 740963と併用)
  • RNAの濃縮(55倍まで)
  • 精製RNAはラベリング反応、RT-PCR、チップハイブリダイゼーションなどに使用可能
NucleoSpinはマッハライ・ナーゲル社の登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ