磁性ストレプトアビジンビーズ

Magnosphere™ MS300/Streptavidin

  • ビオチン標識タンパク質、DNAなどを効率よく高純度に回収
  • 回収したビオチン標識DNAをそのまま酵素反応に利用可能
  • 非特異的吸着が極めて少ない磁性ビーズによる簡単操作
  • 高いS/N比で標的物質を回収
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
JSR 5325 5325 Magnosphere™ MS300/Streptavidin
2 ml ¥41,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Magnosphere MS300/Streptavidinは、親水性表面を有する磁性粒子にストレプトアビジンが固定化された製品である。粒子表面へのタンパク質、核酸等の非特異的吸着が低く抑えられているため、サンプル中のビオチン標識された分子を特異的に高純度で回収することができる。
さらに粒子表面がポリマー層でコーティングされているため酵素反応を阻害することが無く、例えばPCR反応系に添加しても核酸増幅に影響を与えない。定量PCRにおいても、装置の光学系が反応チューブ上方から励起して蛍光を読み取る方式であれば、Magnosphere MS300/Streptavidin存在下でも定量が可能である。また酵素免疫測定においても、ビオチン化一次抗体の結合用担体として使用できる。Magnosphereは均一な粒子径を持ち、超常磁性を示すため、磁気分離や再分散のハンドリングが非常に容易である。




図1. PCRへの影響の確認実験
濃度既知の100 bp DNAにMagnosphere MS300/Streptavidinを添加した状態で定量PCRを行い、Threshold Cycle(Ct)を測定した。Magnosphere MS300/Streptavidinは、PCRチューブに3 mgまで添加してもPCR阻害を起こさず、Ct値は一定であった。




図2. 免疫測定実験
Magnosphere MS300/Streptavidinと他社製アビジン粒子にビオチン化抗AFP抗体を結合し、EIA実験を行った。AFP濃度を変えてシグナル強度を測定したところ、他社製品と比較して高いシグナルを示した。



図3. ビオチン化dsDNAの回収
プロトコルに従って濃度の異なるビオチン化100 bp dsDNAをMagnosphere MS300/Streptavidin粒子で回収し、定量PCRにより結合量を求めた。

内容

Magnosphere MS300/Streptavidin:2 ml (10 mg/ml)、約6×108 粒子/ml
分散媒:TBS
0.05% Tween20
0.09% NaN3

保存

4℃

仕様

粒径:3 μm
磁性体含量:約20重量%
ビオチン結合量:400~600 pmol/mg粒子

用途

  • ビオチン標識プローブの回収

    (参考)
    ビオチン化ssDNA(30 mer)結合量:80~100 pmol/mg
    結合量はDNAの鎖長や配列によって異なる。
MagnosphereはJSR株式会社のトレードマークです。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ