NucleoSnapカラムによる迅速なトランスフェクショングレードのプラスミド精製

NucleoSnap® Plasmid Midi

  • 新規設計のSnapカラムで最大50 mlの大腸菌培養液から迅速にプラスミドを精製
  • エンドトキシンレベルの低いトランスフェクショングレードのプラスミド調製が可能
  • 吸引システムを使用して、わずか35分で最大700 μgのプラスミドを取得

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740494.10 U0494A NucleoSnap® Plasmid Midi
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
10回 ¥14,000
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740494.50 U0494B NucleoSnap® Plasmid Midi
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
50回 ¥64,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

NucleoSnap Plasmid Midiは、50 mlまでの標準的な大腸菌培養液から高純度のプラスミドを迅速に取得できるようにデザインされている。本キットで精製したプラスミドDNAは、制限酵素切断、クローニング、シーケンス、PCR増幅、形質転換、トランスフェクションなど幅広い実験に使用できる。

原理シリカメンブレン法
形状NucleoSnapカラム
操作吸引法(溶出は遠心法)
推奨する大腸菌培養液量≦50 ml(OD600=5)
プラスミドDNAサイズ≦25 kb
回収量~700 μg(50 ml培養液、OD600=4、高コピー)
A260/2801.8~1.9
エンドトキシンレベル<50 EU/μg DNA
溶出液量200~500 μl
精製時間35分
結合容量1.5 mg

操作手順


遠心操作により回収した菌体をResuspension Bufferで懸濁し、アルカリ-SDSを含むLysis Bufferを加えて溶解後、Neutralization Bufferを加えて中和する(1~4)。NucleoSpin Plasmid Filter Columnで中和された菌体溶解液を遠心ろ過し、プラスミドDNAを含むろ液を得る(5)。ろ液にPrecipitation Bufferを加えて混合し、NucleoSnap Plasmid Midi Columnに上層して、吸引操作でカラムに通す(6、7)。Endotoxin Removal Bufferでカラムを洗浄してエンドトキシンを除去し、続いてエタノールを含むWash Bufferで洗浄する(7、8)。NucleoSnap Plasmid Midi Columnを折って上部を除いた後、下部のカラム部分を2mlチューブにセットして遠心によりエタノールを除去して乾燥させる(9)。Elution Bufferを加えて遠心によりプラスミドDNAを溶出する(10)。

NucleoSnapカラム


大容量の試料をカラムにロードし、吸引システムでカラムにDNAを吸着後、上部を分離して、微量遠心機でエッペンチューブに精製DNAを回収できる。
本製品を使用する際には、吸引法を用いて精製を行うため、NucleoVac 24 Vacuum Manifold(製品コード 740299)などの吸引システムが必要である。

NucleoVac 24 Vacuum Manifold

NucleoVac 24 Vacuum Manifoldはシリカカラム(NucleoSnapカラム, NucleoSpinカラムなど)を用いて吸引法で核酸精製を行う際に使用する装置である。同時に24個のシリカカラムをVacuum Manifoldの上部のスロットに装着し、結合、洗浄、ステップを吸引法で簡便、迅速に行うことができる。
マニホールドベースとNucleoVac Mini Adapter、ルアープラグ、チューブ接続用コネクタなどで構成されている。

内容

・Resuspension Buffer SN1
・Lysis Buffer SN2
・Neutralization Buffer SN3
・Precipitation Buffer SN4
・Endotoxin Removal Buffer SN5
・Wash Buffer SN6(Concentrate)
・Elution Buffer SNE
・RNase A(凍結乾燥品)
・NucleoSpin Plasmid Filter Columns
・NucleoSnap Plasmid Columns
・Collection Tubes (2 ml)

保存

室温
(溶解後のRNase Aは4℃保存で6ヵ月安定)

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

試薬
・96~100%エタノール

器具
・Vacuum Manifold[NucleoVac 24 Vacuum Manifold(製品コード 740299)など]
・Vacuum pump(-0.3 barで使用可能なもの)
・微量高速遠心機
・遠心機(50 mlチューブの遠心が可能なもの)

図1. エンドトキシンレベルの比較
NucleoSpin Plasmid(製品コード 740588.10など)、NucleoSnap Plasmid Midi、NucleoBond Endotoxin-free製品(NucleoBond Xtra Midi EF(740420.10)など)で精製したプラスミドについて、LAL試薬による比色定量法により、混入エンドトキシンレベルを調べた。その結果、エンドトキシンレベルはプラスミド精製の手法により大きく異なっていた。NucleoSnap Plasmid Midiで精製したプラスミドのエンドトキシンレベルは低く、一般的な細胞のトランスフェクションに使用可能なレベルであった。
図2. 細胞生存率の比較
精製原理が異なる3種類のキットで調製したGFP発現プラスミド各2.5 µgを用いてヒト肝癌由来のHuh7細胞へのトランスフェクションを行い、細胞の生存率への影響を調べた。使用したプラスミドDNAは、標準的なシリカメンブレン法(NucleoSpin Plasmid(製品コード 740588.10)など)、NucleoSnap Plasmid Midi、陰イオン交換法(NucleoBond EF(NucleoBond Xtra Midi EF(740420.10)など)で精製した。
NucleoSnap Plasma Midiで精製したプラスミドを使用した場合、良好な生存率を示した。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ