血漿・血清からの微量循環DNAの精製

NucleoSpin® Plasma XS

  • 血漿、血清サンプルからDNA(>50 bp)を効率よく回収
  • わずか5 μlで溶出可能
  • 希薄なサンプルからもDNAの濃縮が可能
  • 回収DNAはリアルタイムPCR解析に使用可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740900.10 U0900A NucleoSpin® Plasma XS
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
10回 ¥7,900
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740900.50 U0900B NucleoSpin® Plasma XS
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
50回 ¥28,400
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740900.250 U0900C NucleoSpin® Plasma XS
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
250回 ¥126,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

NucleoSpin Plasma XSは、血漿、血清から微量の循環DNAを迅速に回収するためのキットである。
血漿中に含まれる循環DNAは、癌、自己免疫疾患、感染症、胎児性の疾患、外傷などの種々の障害により増加することが知られている。循環DNAはフラグメント化され、濃度も低いため、精製が困難とされていた。本製品は、血漿から50 bp以上のフラグメント化された循環DNAを回収するのに適した製品である。従来の製品は使用するカラムのメンブレンサイズが大きく、溶出液量を多く必要としたが、本製品はメンブレンの直径を小さくし溶出液量を少なくすることで、PCRの鋳型に直接使用できる濃度のDNAを回収可能である。

原理シリカメンブレン法
形状XSスピンカラム
サンプル量240 μl 血漿または血清
(複数回アプライを行うプロトコールもあり)
回収サイズ>50 bp
回収量血漿 240 μlあたり0.025~25 ng
回収濃度1.2~12,000 pg/μl(サンプルによって異なる)
溶出液量5~30 μl
精製時間高感度法:22~27分、迅速法:15~20分

内容

・NucleoSpin Plasma XS Columns
・Collection Tubes (2 ml)
・Binding Buffer BB
・Wash Buffer WB
・Elution Buffer
・Proteinase Buffer PB
・Proteinase K(凍結乾燥品)

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

・微量遠心機
・1.5 mlマイクロ遠心チューブ
・ヒートブロック(90℃)

保存

室温

操作手順

メンブレンサイズの比較

MN:本製品  A:A社
本製品は、メンブレンの直径を非常に小さく(Xtra Small)し、さらにカラムの形状を独自の漏斗型にすることにより、5(~20)μlの溶出量で効率よく溶出が可能である。その結果、以下の実験にそのまま用いることが可能な高濃度のDNAを得ることができる。
他社製品の場合、20~30μlの溶出量が必要である。

用途

  • 血漿、血清サンプルからの循環DNAの精製
  • 母体血漿を用いる胎児DNAの分析
  • 血漿中の腫瘍マーカーの検出
NucleoSpinはマッハライ・ナーゲル社の登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ