500 μgまでのゲノムDNAが精製できる陰イオン交換カラム

NucleoBond® AXG Column

  • 動物組織、バクテリア、酵母から高純度ゲノムDNAの精製
  • NucleoBond AXGカラムと専用バッファーを使用
  • バクテリア、酵母には「NucleoBond AXGカラム+Buffer Set III」を推奨
  • 動物組織には「NucleoBond AXGカラム+Buffer Set IV」を推奨
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740544 U0544A NucleoBond® AXG 20
20回 ¥17,900
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740545 U0545A NucleoBond® AXG 100
20回 ¥29,500
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740546 U0546A NucleoBond® AXG 500
10回 ¥34,200
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740603 U0603A NucleoBond® Buffer Set III
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1セット ¥23,500
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740604 U0604A NucleoBond® Buffer Set IV
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1セット ¥24,200
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740563 U0563A NucleoBond® Rack Large
1個 ¥15,000

製品説明

NucleoBond AXG Columnは、動物組織、バクテリア、酵母からゲノムDNAを精製するためのカラムである。必要な酵素(Proteinase K、RNase A)とバッファーを含むBuffer Setと組み合わせて使用することにより、最大500 μgのゲノムDNAを精製することができる。バクテリア、酵母には「NucleoBond AXGカラム+Buffer Set III」を推奨(酵母の場合は追加で試薬が必要:マニュアル参照)、動物組織には「NucleoBond AXGカラム+Buffer Set IV」を推奨する。
NucleoBond AXG columnにより精製されたゲノムDNAは非常に純度が高く、さらに自然落下による精製工程のため、高分子ゲノムDNAの切断を低減することができる。サンプルはProteinase Kにより溶解後、DNAのカラムへの結合とカラム流速を改善するためにBuffer N2で希釈し、カラムへ添加する。カラム洗浄後、ゲノムDNAは高イオン強度のバッファーで溶出し、最後にイソプロパノール沈殿により回収する。


NucleoBond AXG 20NucleoBond AXG 100NucleoBond AXG 500
原理陰イオン交換クロマトグラフィー法
形状自然落下型カラム
Mini
自然落下型カラム
Midi
自然落下型カラム
Maxi
サンプル量2~5 ml バクテリア培養液
3~5 ml 酵母培養液
 <20 mg 組織
15~20 ml バクテリア培養液
10~20 ml 酵母培養液
 <100 mg 組織
60~80 ml バクテリア培養液
100~500 ml 酵母培養液
 <400 mg 組織
精製サイズ500 bp~300 kb
回収量~20 μg~100 μg~500 μg
A260/2801.80~1.95
精製時間4~5時間
結合能力20 μg100 μg500 μg

内容

NucleoBond AXG
・NucleoBond AXG Columns
・Plastic Washers

NucleoBond Buffer Set III(製品コード 740603)
・Buffer G3
・Buffer G4
・Buffer N2
・Buffer N3
・Buffer N5
・RNase A(凍結乾燥品)
・Proteinase K(凍結乾燥品)
・Proteinase Buffer PB

NucleoBond Buffer Set IV(製品コード 740604)
・Buffer G2
・Buffer N2
・Buffer N3
・Buffer N5
・RNase A(凍結乾燥品)
・Proteinase K(凍結乾燥品)
・Proteinase Buffer PB

本製品以外に必要な試薬、器具(主なもの)

試薬
・2-メルカプトエタノール
・イソプロパノール
・85%または70%エタノール
・TEバッファーまたは滅菌蒸留水
・リゾチーム(バクテリアからのDNA精製)
・lyticase/zymolase(酵母からのDNA調製)

器具
・冷却遠心器(≧5,000×g)
・遠心チューブ
・NucleoBond Rack Large、NucleoBond Xtra Combi Rack

保存

室温

用途

  • バクテリア、酵母、動物組織からのゲノムDNA精製
【注】酵母からのゲノムDNA精製には追加試薬が必要です。ユーザーマニュアルを確認してください。
NucleoBondはマッハライ・ナーゲル社の登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ