ApoAlert® pDsRed2-Bidベクター

  • Bcl-2ファミリータンパク質Bidを観察するための細胞内発現レポーター
  • 生細胞でBidの移動を蛍光タンパク質を用いて観察
  • 種々の誘導剤がBid依存性アポトーシス経路に及ぼす作用を評価
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632419 Z2419N pDsRed2-Bid Vector
  • ライセンス
20 μg ¥100,800
説明書・データシート・ベクター情報
BidはBcl-2ファミリーに属する22 kDaのアポトーシス誘導タンパク質である(1)。ApoAlert pDsRed2-Bid Vectorは赤色蛍光タンパク質DsRed2を融合したBidをコードしており、Bidの細胞内分布に影響を及ぼす刺激に反応する。Bid融合タンパク質は蛍光標識されているため、蛍光顕微鏡で直接観察することにより細胞内を移動するBid融合タンパク質を追跡することができる。
Bidは通常、細胞質内に存在しているが、アポトーシスが誘導されると直ちにミトコンドリアに移行し、アポトーシスカスケードの重要な増幅段階であるチトクロムcの放出を促進する(2)。pDsRed2-Bidを導入した細胞では、蛍光顕微鏡でこの変化を観察することができる(図1)。この細胞内発現レポーターは他の組換えベクターと共に導入して、他のタンパク質やタンパク質ドメインがBidの移動に及ぼす影響を調べることも可能である。


図1. pDsRed2-Bidを用いたBid活性化の観察
3T3細胞にpDsRed2-Bid(パネルA, B)を一過性に導入した。約24時間後にアポトーシス誘導剤として700 nMのスタウロスポリンを細胞に加え、37℃で3時間インキュベートした。その後、細胞を固定して適切な蛍光フィルターを備えたZeiss Axioskopを用いて検討した。未処理の細胞(パネルA)では、予想されるようにBidレポーター(Bid-DsRed2)が細胞質内に均一に分布している。誘導後(パネルB)には、レポーターがミトコンドリアの表面に移行して強い蛍光クラスターを形成しており、Bid経路が活性化されていることを明確に示している。

保存

-20℃

ベクター情報

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ