TaKaRa PCR FLT3/ITD Mutation Detection Set

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 6632 6632 TaKaRa PCR FLT3/ITD Mutation Detection Set
50回 ¥43,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、FLT3(FMS-like tyrosine kinase 3)遺伝子のJM(Juxtamembrane)領域周辺に起こるInternal Tandem Duplication(ITD)変異の有無を検出するためのセットである。FLT3遺伝子のITD変異は、急性骨髄性白血病(AML)の約1/3の症例および骨髄異形性症候群(MDS)の約3%の症例に認められることが報告されている。その変異はJM領域のexon11に集中し、その他intron11やexon12にも認められている。本製品のプライマーは、exon11からexon12の全領域を増幅できるようにデザインされており、ITD変異をもれなく検出することができる。骨髄液または血液から得られたゲノムDNAを検体としてPCR法で増幅し、電気泳動法またはアジレント2100バイオアナライザ(Agilent Technologies社)で増幅産物の長さを判定する。ゲノムDNA中に5~10%のITD変異が存在すれば変異を検出することができる。また、本製品には正常および変異コントロールが含まれており、解析精度の確認を行うことができる。
AMLにおいて、この変異を有する症例は治療抵抗性であり難治性であることが報告されている。現在、FLT3のキナーゼ活性を特異的に阻害する分子標的薬の開発が進められており、本製品はこれら分子標的薬の研究開発に有用な試薬である。
なお、本セット中にはPCRに必要なDNA Polymerase、dNTP Mixtureは含まれていない。本セットはTaKaRa Ex Taq(dNTP Mixture、10×Ex Taq Buffer添付)との組み合わせにより良好な結果が得られる。

内容

(50回分)
FLT3/ITD-1 Primer10 pmol/μl50 μl
FLT3/ITD-2 Primer10 pmol/μl50 μl
Control Template (Mutant)1 pg/μl10 μl
Control Template (Normal)1 pg/μl10 μl

保存

-20℃

増幅断片サイズ

Control Template (Normal) 329 bp
Control Template (Mutant) 359 bp
正常検体 329 bp
ITD変異検体 329 bp (正常) と347~419 bp (ITD変異) *

* ITD変異検体では通常、正常とITD変異の2バンドが検出されるが、検体によってはITD変異のみが検出される場合がある。

  遺伝子検出・検査 関連試薬の選択フローをご利用ください

分野別の試薬選択フロー
手法別の試薬選択フロー

「検査(PCR/ELISA)」関連のお役立ち情報専用ページもご参照ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ