品質管理体制

弊社では、一度に多くのお客様の多種多様なサンプルを扱っています。多検体処理を行ううえで大切なのは、サンプルの取り間違いを起こさないことです。また、サンプルに適した解析方法を用いて安定した良好なデータを取得し、ご提供し続けることも重要となってきます。これら膨大かつさまざまなサンプルや解析データの処理には弊社独自の品質管理体制が大きな役割を果たしています。
サンプルの取り間違いが無く、安定した品質を維持するために、サンプルおよびそのデータを管理する弊社独自のLIMS (Laboratory Information Management System)を整備しております。複雑化する解析工程サンプルをバーコードで個々に自動管理し、サンプルとデータのリンクを自動的に行うことができます。リアルタイムで各工程の進行状況やシーケンスデータの品質を一元的なビューワーで確認できるため、迅速で高精度、低価格な解析結果を納品することが可能となっています。
各種受入サンプルに対応するために各解析作業工程ではサンプルQCを行っています。QC工程の一例としては、お客様から送付いただいたPCR産物は全サンプルについて電気泳動を行いサンプルの状態の確認や解析方法の決定を行っています。このようなQCを作業工程ごとに実施することにより品質維持と向上に努めています。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ