メタニューモウイルスなど11種のウイルスを検出

CycleavePCR™ 呼吸器系感染症起因ウイルス検出キット Ver.3

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR CY216 CY216 CycleavePCR™ 呼吸器系感染症起因ウイルス検出キット Ver.3
  • ライセンス
60反応分 ¥113,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

呼吸器系感染症は、様々な病原菌やウイルスによって引き起こされる。呼吸器系感染症に対して適切な治療を行うためには、原因となる病原菌、ウイルスを特定する必要があるが、ウイルスに関しては臨床症状だけで同定することは困難である。また、同定のためのウイルス分離や血清学的検査は時間がかかるため、早急な対応には対処できない。
本キットは、慶應義塾大学医学部感染症学教室 生方公子先生監修の元、呼吸器系感染症の原因となるウイルス11種-Human respiratory syncytial virus subtype A, Human respiratory syncytial virus subtype B, Human parainfluenza virus 1, Human parainfluenza virus 2, Human parainfluenza virus 3, Human metapneumovirus, Influenza A virus, Influenza B virus, Human adenovirus, Human bocavirus, Human rhinovirus-を、リアルタイムPCR装置を用いて迅速に検出するためのキットとして開発された。
本キットでは、逆転写反応に伸長性能に優れた PrimeScript RTaseを使用し、増幅反応には、Hot Start PCR用酵素TaKaRa Ex Taq HSを使用している。また、検出にはサイクリングプローブ法を採用している。
逆転写反応を行った反応液を6つに分け、それを鋳型として増幅からリアルタイム検出までを同一のチューブ内で行うため、PCR産物を確認するための電気泳動が不要で迅速に結果を得ることができる。また、増幅産物による汚染、他のサンプルへのコンタミネーションの危険性をさけることができる。
なお、各ターゲットのPositive Controlが含まれており、より確実に判定を行うことが可能である。(Ver.3では、プライマーをより最適化した配列に変更した。)

内容

(逆転写反応 20 μl×10反応、リアルタイムPCR 25 μl×10反応×6種類)
1.2×RT Buffer Mix*1100 μl(10反応分)
2.PrimeScript RT Enzyme Mix I*210 μl(10反応分)
3.2×CycleavePCR Reaction Mix*3750 μl(60反応分)
4.Probe/Primer Mix-1*420 μl(10反応分)
5.Probe/Primer Mix-2*420 μl(10反応分)
6.Probe/Primer Mix-3*420 μl(10反応分)
7.Probe/Primer Mix-4*420 μl(10反応分)
8.Probe/Primer Mix-5*420 μl(10反応分)
9.Probe/Primer Mix-6*420 μl(10反応分)
10.RNase free dH2O1 ml
11.Positive Control 1 - FAM10 μl
12.Positive Control 1 - ROX10 μl
13.Positive Control 2 - FAM10 μl
14.Positive Control 2 - ROX10 μl
15.Positive Control 3 - FAM10 μl
16.Positive Control 3 - ROX10 μl
17.Positive Control 4 - FAM10 μl
18.Positive Control 4 - ROX10 μl
19.Positive Control 5 - FAM10 μl
20.Positive Control 5 - ROX10 μl
21.Positive Control 6 - FAM10 μl

*1 逆転写反応に必要なバッファー、dNTP Mixture、ランダムプライマーを含む。
*2 PrimeScript RTase、RNase Inhibitorを含む。
*3 反応に必要なバッファー、dNTP Mixture、酵素を含む。融解させる際、vortexは使用しないこと。
*4 蛍光標識プローブが含まれているため、遮光に留意すること。

保存

-20℃
(注意)
2×CycleavePCR Reaction Mixには酵素が含まれており、凍結融解の繰り返しにより活性が低下する恐れがあるため、一度融解した後はいくつかのチューブに分注して-20℃保存することをお勧めします。長期保存するのでなければ、融解後は4℃で保存しておくことも可能です。

キット以外に必要な機器、試薬(主なもの)

  1. 核酸抽出試薬(EXTRAGEN II(東ソー株式会社)など)
  2. リアルタイムPCR装置
    コンタミネーション回避のため、チューブ1 本ごとにフラットキャップが付いている キャップ付き8連0.2 mlチューブの使用をお勧めする。
    0.2 ml 8-strip tube, individual Flat Caps(製品コード NJ600)
    注:Applied Biosystems StepOnePlus Real-Time PCR System(Thermo Fisher Scientific社)をご使用の場合、Baselineがフラットになるように、必要に応じてAuto設定を解除し、Threshold をManual で設定していただく必要があります。
  3. 200 μl, 20 μl, 10 μl 各マイクロピペット専用反応チューブ
  4. マイクロピペット用チップ(疎水性フィルター付)

検出ウイルス

 起因ウイルスウイルスの種類プローブ蛍光色素
Probe/Primer Mix-1RSウイルス A型 Human respiratory syncytial virus subtype ARNAウイルスFAM
RSウイルス B 型 Human respiratory syncytial virus subtype BRNAウイルスROX
Probe/Primer Mix-2パラインフルエンザウイルス 1 Human parainfluenza virus 1RNAウイルスFAM
パラインフルエンザウイルス 2 Human parainfluenza virus 2RNAウイルスROX
Probe/Primer Mix-3メタニューモウイルス Human metapneumovirusRNAウイルスFAM
パラインフルエンザウイルス 3 Human parainfluenza virus 3RNAウイルスROX
Probe/Primer Mix-4インフルエンザウイルス A Influenza A virusRNAウイルスFAM
インフルエンザウイルス B Influenza B virusRNAウイルスROX
Probe/Primer Mix-5アデノウイルス Human adenovirusDNAウイルスFAM
ボカウイルス Human bocavirusDNAウイルスROX
Probe/Primer Mix-6ライノウイルス Human rhinovirusRNAウイルスFAM

補足資料

Thermal Cycler Dice Real Time Systemシリーズ「食品環境検査用ソフトウェア」を使用の場合に便利な“Quick Manual”を用意している。
キットに添付の取扱説明書とあわせて使用する。
定性解析(+/-判定)用(PDF、946 K)

  遺伝子検出・検査 関連試薬の選択フローをご利用ください

分野別の試薬選択フロー
手法別の試薬選択フロー

「検査(PCR/ELISA)」関連のお役立ち情報専用ページもご参照ください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ