トランスファクターユニバーサルキット

  • 核抽出液、全細胞抽出液および細胞質抽出液に適応
  • オリゴデザインおよび抗体希釈に関してはマニュアルを参照
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631960 Z1960N TransFactor Universal C-Jun Specific Kit
96回 ¥86,000
説明書・データシート・ベクター情報
本製品は、TransFactor Universal Chemiluminescent Kit(販売終了)をすでにお持ちの方にご利用いただけます。

TransFactor Universal Kitは、任意の転写因子とDNAの相互作用の研究に使用できるキットである。本キットは、核抽出液、全細胞抽出液および細胞質抽出液に適応している。

適応性に富むアッセイフォーマット

Clontechの既存のTransFactor Chemiluminescent Kitと同様に、Universal Kitもまた転写因子とDNAの結合を研究するための迅速で信頼のおけるELISAに基づいた手法である(1)。本キットは決まった特定の転写因子に適用できる(図1)。まず最初に、標的となる転写因子のコンセンサス配列を持つビオチン化二重鎖オリゴDNAを設計して合成する。結合オリゴと細胞抽出液をマイクロチューブ内で混合し、暫く氷中でインキュベートした後、中の溶液をストレプトアビジンでコートしたウェルに添加して転写因子・オリゴ複合体を捕捉する。続いて未結合のタンパク質を洗浄し、標的とする転写因子に特異的な一次抗体を添加する。最後に、転写因子に結合した抗体を、西洋わさびペルオキシダーゼ標識二次抗体および化学発光基質を用いて検出する。複数のアッセイを約4時間で行うことができる。ユーザーマニュアル(PT3594-1)では、野生型と変異型の結合オリゴについて分かりやすく解説している。変異型の結合配列を持つビオチン化オリゴをネガティブコントロールとして、野生型コンセンサス結合配列を持つ非ビオチン化オリゴを競合アッセイにて使用できる。


図1. TransFactor Universal Kitでは、自由なアッセイフォーマットが使用可能
転写因子を含むサンプルを対応するコンセンサスDNA結合配列を持つビオチン化オリゴと共にインキュベートし、DNA-転写因子複合体を形成させる。反応液をストレプトアビジンでコートしたウェルに加え、特異的抗体を使用して転写物を検出した。一次抗体を転写因子に結合させた後、西洋わさびペルオキシダーゼ(HRP)で標識した二次抗体で複合体を検出した。洗浄して化学発光基質を加えてHRPと反応させ、それぞれ標準的なルミノメーターで測定する。

Clontechでは選定した特定の転写因子の研究に必要なすべてのコンポーネントを備えた補充用TransFactor Universal Specific Kitもご用意している。このSpecific Kitには、最適化されたオリゴ、一次抗体、ポジティブコントロール用細胞抽出液が含まれている。

信頼のおけるデータ


図4. 極めて高感度な転写因子アッセイ
TransFactor Universalプレートでの感度を、コート済みのTransFactorプレートと比較した。STAT3活性をUniversal Chemiluminescent Kit(パネルA)またはTransFactor STAT3 Chemiluminescent Kit(パネルB)を使用して測定した。各キットを段階的に濃度を増加させたIL-6処理済HepG2の全細胞抽出液をアッセイするために使用した。STAT3野生型結合配列を2コピー持つオリゴを細胞抽出液と共にインキュベート(パネルA)またはTransFactorプレート上でプレコート(パネルB)した。化学発光シグナルはMonolight 3096 MicroplateLuminometerを用いて検出した。ウェルあたりわずか0.3 μgの細胞抽出液でもシグナルを検出できた。

内容

TransFactor Universal Chemiluminescent Kit(終売)
・Streptavidin-coated 96-well plates
・TransFactor Rack
・Secondary Antibodies(Anti-mouse secondary antibodyおよびAnti-rabbit secondary antibody)
・poly dIdC
・Chemiluminescent Substrate A
・Chemiluminescent Substrate B
・10X TransFactor Butter
・Blocking Reagent

TransFactor Universal Specific Kit
・Positive Control Cellular Extract
・Primary Antibody
・Biotinylated Wild-Type Binding Oligo
・Biotinylated Mutant Binding Oligo
・Wild-Type Competitor Oligo

保存

製品添付のCertificate of Analysisの記載に従って、適切に保存してください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ