哺乳類細胞遺伝子発現システム [概要]

研究目的にあわせて、各種システムから選択してください。

哺乳類細胞発現系

標的タンパク質“量”の迅速なコントロールシステム

ProteoTuner™ System(プロテオチューナーシステム)

テトラサイクリン誘導性遺伝子発現システム

Tet-On® 3G Inducible Gene Expression System
Tet-On® Advanced / Tet-Off® Advanced System

ウイルスを用いた遺伝子導入/発現システム

Lenti-X™ Lentiviral Expression System
Retro-X™ Retroviral Expression System
Adeno-X™ Adenoviral Expression System

IRESバイシストロン性発現ベクター

pIRES Bicistronic Expression Vectors
(IRESを介して薬剤耐性マーカーや蛍光タンパク質を同時に発現)

目的遺伝子/タンパク質発現制御への3つのアプローチ

 Tet誘導発現システム*1RNAi*2ProteoTuner™ システム*3
迅速性+++
制御される発現量の幅+++++
内因性タンパク質のコントロール +++ 
特異性++++++
複数ターゲットの制御+++
*1 テトラサイクリン調節性の遺伝子誘導発現システム。ドキシサイクリン用量依存的に目的遺伝子発現量をコントロール
*2 合成siRNAの添加やshRNAの発現(Knockoutシステム)により、標的mRNAの分解を導き目的遺伝子発現量をコントロール
*3 細胞内の標的タンパク質をShield1の添加・除去により、安定化・不安定化し直接コントロール

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ