従来のAcNPVベクターとProEasy™ ベクターの構築方法の比較


A:市販のBacPAK6やBaculoGoldベクターは、ポリへドリン部位に挿入してあるβ-galactosidase遺伝子を制限酵素Bsu36 I消化により除去、精製することでlinearlized vector DNAを調製している。このため未消化の元ベクターが微量混入した場合、バックグラウンドとして増殖しうる。

B:ProEasyは、ポリへドリン部位に挿入してある致死遺伝子を制限酵素Bsu36 I消化により除去、精製することでlinearlized vector DNAを調製している。このため未消化の元ベクターが微量混入したとしても相同組換え体だけが100%生育する。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ