大容量DNA断片を1カラム精製

NucleoSpin® Gel and PCR Clean-up Midi/Maxi

NucleoSpin Gel and PCR Clean-up Midi/Maxi
  • 1種類のバッファーでPCR産物の精製にもアガロースゲルからの抽出にも対応
  • 大容量の反応液、アガロースゲルから1本のカラムでDNA精製
  • 50 bp以上のDNA断片を回収、プライマーを効率よく除去
  • Binding BufferにpH indicatorを含む
  • 全てのゲル用バッファー(TAE、TBEなど)に対応
  • 一本鎖DNAやSDSを含むサンプルからも精製可能

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740986.20 U0986A NucleoSpin® Gel and PCR Clean-up Midi
  • クリーンアップキット
  • 取寄
20回 ¥32,000
¥19,200
2018/11/26~
2019/03/29

説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740610.20 U0610A NucleoSpin® Gel and PCR Clean-up Maxi
  • New
  • クリーンアップキット
  • 取寄
20回 ¥48,000
¥28,800
2018/11/26~
2019/03/29

説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740595.150 U0595A Buffer NTB
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
150 ml ¥6,600
MNA 740654.100 U0654A Buffer NTC
100 ml ¥6,800
説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

NucleoSpin Gel and PCR Clean-up Midi/Maxiは、大容量のPCR反応液、アガロースゲルからのDNA断片精製に利用できるキットである。Midiでは4 mlまでのPCR反応液、4 gまでのアガロースゲル、Maxiでは10 mlまでのPCR反応液、10 gまでのアガロースゲルを処理できる。本製品では、Binding Buffer NTIにより、PCR反応液とアガロースゲルからのDNA断片精製に対応できる。このBufferにはpH indicatorが含まれており、サンプルと混合した溶液の色により、その溶液のpHがDNAのカラム結合に適しているかどうかを容易に確認できる。
PCR反応液などの酵素反応液からのDNA精製では、酵素、ヌクレオチド、塩類、その他不純物を迅速、簡単に除くことができる。
PCR産物の精製はPCR反応液にBuffer NTIを加え、アガロースゲルからのDNA抽出では、ゲルをBuffer NTI中で溶解させる。その後、溶液の色を確認して、NucleoSpin Gel and PCR Clean-up Midi/Maxiカラムへアプライする。エタノールを添加したBuffer NT3でカラムを洗浄し、不純物をカラムから除去した後、精製DNAはElution Buffer NE(5 mM Tris-HCl、pH8.5)で抽出される。
原理シリカメンブレン法
形状MidiスピンカラムMaxiスピンカラム
サンプル量    <4 ml PCR反応液
    <4 g TAE/TBEアガロースゲル
   <10 ml PCR反応液
    <10 g TAE/TBEアガロースゲル
精製サイズ50 bp~20 kb
回収率70~95%
A260/2801.75~1.85
溶出液量 200~400 μl 1000 μl
精製時間 25分 30分
結合容量 75 μg 250 μg

pH indicator

PCR反応液またはゲルとBinding Buffer NTIを混合した溶液において、カラム結合のための至適pHは5~6である。Binding Buffer NTIにはpH indicatorが含まれているため、溶液の色によって至適pHかどうかをチェックできる。至適pHでない場合、Buffer NTIまたは4M 酢酸ナトリウム(NaAc、pH5.0)または少量HClを溶液が黄色になるまで加える。
yellow, pH<6
yellow
green, pH<6~7
green
blue, pH>7
blue
サンプルのpHが至適サンプルのpHが少し高い
→pH調整が必要
サンプルのpHが高い
→pH調整が必要

pH - color 対照グラフ
図1.PCR反応液中のプライマー除去
252 bp, 164 bp, 100 bp と 65 bpのPCR増幅DNAにプライマーを添加した後、NucleoSpin Gel and PCR Clean-up Midiで精製した。400 μl Elution Bufferで溶出した。精製前(1レーン)と精製後(2レーン)のサンプルを2%アガロースゲル電気泳動した。NucleoSpin Gel and PCR Clean-up Midiで精製することにより、プライマーが除去できていることがわかる。
図2.アガロースゲルからの精製
2種類のインサートDNA(645 bp, 982 bp)をクローニングしたpGEM T Easyベクター(レーン1、5)をEcoR Iで切断後、電気泳動した(レーン2, 6)。各インサート(レーン3、7)とベクター(レーン4、8)のDNAを、NucleoSpin Gel and PCR Clean-up Midiを使用してゲルから精製した。ゲルからの切り出しにより、インサートとベクターを分離できていることがわかる。

内容

・Binding Buffer NTI
・Wash Buffer NT3 (Concentrate)
・Elution Buffer NE
・NucleoSpin PCR and Gel Clean-up Midi Columns
 またはNucleoSpin PCR and Gel Clean-up Maxi Columns

* 組成:5 mM Tris-HCl、pH8.5

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

試薬
・96~100%エタノール

器具
・15 ml 遠心チューブ(Midiの場合)、または50 ml 遠心チューブ(Maxiの場合)
・ピペットチップ(滅菌済)
・ピペット
・高速遠心器
・ヒートブロック

保存

室温

操作手順

用途

  • PCR産物の精製
  • アガロースゲルからのDNA抽出
  • アガロースゲルからのRNA抽出:別途 Buffer NTC(製品コード 740654.100)が必要
  • SDS含有サンプルのクリーンアップ:別途 Buffer NTB(製品コード 740595.150)が必要
  • 150 bases以下のssDNAのクリーンアップ:別途 Buffer NTC(製品コード 740654.100)が必要
  • 精製DNAはクローニング、シーケンス、PCR、制限酵素処理などに利用可能
NucleoSpinはマッハライ・ナーゲル社の登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ