採水当日に、迅速な生菌検出が可能

レジオネラ属菌検査 生菌検出法(EMA-qPCR法)

TGCAセミナーバナー

はじめに

レジオネラ属菌の遺伝子検査法には、菌の生死に関わらず遺伝子を検出する方法(生菌死菌検出法)と、生菌由来の遺伝子のみを検出する方法(生菌検出法)の2種類がある。平成29年8月に改訂発行された「第4版レジオネラ症防止指針」(公益財団法人日本建築衛生管理教育センター)には、従来のqPCR法に加えて、迅速検査法のひとつとして「生菌のみを検出する遺伝子検査法」が収載され、LC EMA-qPCR法やEMA-qPCR法が紹介されている。
EMA-qPCR法では、18時間の液体培養を行わず、ろ過濃縮検水をそのままEMA処理し、リアルタイムPCRにより検出するので、LC EMA-qPCR法に比べ、より迅速であることがメリットである。

厚生労働省通知法に収載されたレジオネラ属菌の遺伝子検査法(LC EMA-qPCR法/qPCR法)についてはこちらをご覧ください。

EMA-PCR法の原理について

EMA-PCR法とは、選択的膜透過性色素(EMA:ethidium monoazide)が死菌由来DNAを修飾し、修飾を受けたDNAがPCR増幅できない状態となることを利用して、生菌由来DNAを選択的に検出する方法である。

EMA-PCR法 EMA-PCR法の原理について、詳しくはこちらもご覧ください。

EMA-qPCR法の検査の流れ

EMA-qPCR法の検査の流れ

EMA-qPCR法の各工程で使用する試薬

ステップ 関連製品
1 EMA処理 Viable Legionella Selection Kit for PCR Ver.2.0(製品コード 7714)
LED Crosslinker 12(製品コード EM200)
2 DNA抽出 Lysis buffer for Legionella(製品コード 9181)
NucleoSpin Tissue XS(製品コード 740901.10/.50/.250)
3 リアルタイムPCR CycleavePCR Legionella(16S rRNA)Detection Kit(製品コード CY240/CY240S)
Thermal Cycler Dice Real Time System III with PC(製品コード TP970)
Thermal Cycler Dice Real Time System II(製品コード TP900、TP960)
Thermal Cycler Dice Real Time System Lite(製品コード TP700、TP760)
参考 EMA処理の成否チェック Control Test Kit(Viable Bacteria Selection)(製品コード CY290)

ハンドブック

概要や操作方法などについて詳しく記載しています
  

訪問説明・デモンストレーション申し込みボタン
レジオネラ属菌遺伝子検査スタートアップキャンペーンページ

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ