フローチャート

ぱっとわかる!ウイルスベクター選択ガイド

遺伝子導入の有用なツールであるウイルスベクターは、化学的/物理的な遺伝子導入方法(トランスフェクション法、エレクトロポレーション法、直接導入など)に比べて高い遺伝子導入効率を期待でき、動物個体への投与が可能という利点があります。

タカラバイオでは、アデノウイルスベクター、アデノ随伴ウイルスベクター、レンチウイルスベクター、レトロウイルスベクター製品を取り揃えています。
各ウイルスベクターは特徴が異なるため、実験目的や標的によって最適なものを選択する必要があります。以下の選択ガイドをご活用ください。

横にスクロールできます
pBApoベクター pHEK293ベクター Adenovirus Dual Expression Kit Adeno-X 発現システム3(In-Fusionタイプ) Q&A AAVpro Helper Free System 概説 Q&A pLVSIN-CMV/EF1α Vector pLVSIN蛍光タンパク質ベクター pDON-AI-2ベクター pSINsiベクター(siRNA発現) Human iPS Cell Generation All-in-One Vector アデノウイルスベクター作製アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター作製レンチベクター作製 レトロベクター作製

i
より詳しく各ウイルスの特徴まとめを知りたい場合は、「各種ウイルス発現系選択ガイド」もご覧ください。
⇒各種ウイルス発現系選択ガイド

関連資料

情報がまとまっていて便利!こちらもご利用ください。

レンチウイルスベクターを用いる
遺伝子導入 製品ガイド

ダウンロード(845 KB)
アデノ随伴ウイルスベクター
AAVproシリーズ

ダウンロード(980 KB)
遺伝子導入実験ハンドブック

ダウンロード(3.85 MB)
ウイルスベクター作製サービス

ダウンロード(674 KB)

関連のオンラインガイドはこちら



  タカラバイオで展開している幹細胞研究のための試薬・受託サービス選択ガイドの他、関連情報をまとめています。